1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 高麗美術館
  5. 朝鮮文化と京都-高麗美術館コレクションに見る「韓流」の歴史-

朝鮮文化と京都-高麗美術館コレクションに見る「韓流」の歴史-

2013/08/17 ~ 2013/10/14


【高麗美術館】

高麗美術館

【作品画像】(1)薄緑地玉取獅子図毛綴(19世紀、吉田孝次郎氏蔵)
(2)粉青刷毛目鉢(16世紀


千年の都・京都は、平安時代から続く日本の歴史と文化を継承する伝統の町です。その一方で、京都は古くから外国の文物を受け入れ、国際都市としての役割を担ってきました。

京都の寺社仏閣には秦氏や東漢氏など、古代朝鮮から渡来した人物や集団によって築かれた名所が多く、また渡来系氏族が移り住んだ地域が点在しています。
国内外から観光都市・京都を訪ねる人が増えた昨今、ただ外観を愉しむばかりではなく、これらの地に眠る史実を踏まえて町めぐりをすることで、京都に息づく伝統文化の多様な側面がみえてくることでしょう。

今回の展覧会では、京都に息づく朝鮮文化をテーマに、古代渡来人の足跡、そして京都と朝鮮・韓国をつなぐ交流の歴史を、遺跡出土の土器・瓦や高麗青磁、祇園会(祇園祭の前身)で使用された朝鮮毛綴など、当館のコレクションと京都に伝わるゆかりの文物を交えてご紹介します。
CHECK POINT

【関連イベント】井上満郎先生と行く~京都のなかの“韓流”遺跡めぐり

京都の歴史と文化に詳しい井上満郎先生(京都市歴史資料館館長、京都市埋蔵文化財研究所所長)とともに、京都に残る渡来人ゆかりの史跡や寺社を巡ります。あなたの知らない「もう一つの京都」を訪ねてみませんか?

日時:2013年9月14日(土)8:30~18:00 JR京都駅・八条口集合(移動は専用バス)
定員:40名
参加費:7,000円(高麗美術館入館料・昼食込/高麗美術館維持会員の方は6.000円

お申込み・お問い合わせ:高麗美術館研究所(TEL075-494-2238)

【関連イベント】京都の伝統工芸「西陣織ワークショップ」ランチョンマットを作る

京都の伝統工芸の一つ、「西陣織」。
今回のワークショップではその特徴を活かしたオリジナルグッズを、京の帯処「西陣屋」代表・河合大治郎さんの手ほどきで制作します。

日時:2013年9月7日(土)、10月5日(土)13:00~16:00
定員:各回20名
参加費:5,500円(材料費込・入館料別途)
お申込み・お問い合わせ:高麗美術館研究所(TEL075-494-2238)

【関連イベント】研究講座「渡来人と渡来文化の実相-古代京都の国際的環境」

日時:2013年8月31日(土)13:00~14:30
講師:井上満郎氏(京都市歴史資料館館長、京都市埋蔵文化財研究所所長、高麗美術館理事)
会場:佛教大学四条センター
受講料:1,000円
定員:150名
※事前申込は不要です。当日会場にて受付となります。
※会場は高麗美術館ではございませんので、ご注意ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗