1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 樂美術館
  5. 春期特別展 樂歴代~長次郎と14人の吉左衞門~

春期特別展 樂歴代~長次郎と14人の吉左衞門~

2016/03/12 ~ 2016/06/26


【樂美術館】

樂美術館

約450年前,村田珠光が創始し千利休によって大成された「侘び茶」。
千利休はその精神性を表す茶碗造りを一人の陶工に依頼しました。その陶工 こそが,樂家の初代である長次郎でした。長次郎が造った新たな茶碗は,後に「今焼茶碗」「聚樂焼茶碗」などと呼ばれ,人々に少しずつ認識されていきまし た。この利休と長次郎の出会いから,樂家と樂焼の歴史が始まります。

長次郎は当時,田中宗慶とその子である庄左衞門(宗味)・吉左衞門 (常慶)とともに樂焼の工房を構え,茶碗造りを行っていました。そして長次郎の跡を吉左衞門が継ぎ,またその子が吉左衞門(道入)を名乗り,樂家は脈々と 歴代がつながっていきます。長次郎を初代とし,現在の樂家は14人目の吉左衞門の代となっています。樂家歴代はそれぞれの時代を生き,決して踏襲すること なく,それぞれが己の世界を築き上げてきました。

今回の展覧会では,初代・長次郎の代表作のひとつである黒樂茶碗「面影」をはじめ,2代・常慶の黒樂茶碗「黒木」,3代・道入の赤樂筒茶碗「山人」,そして当代吉左衞門の焼貫黒樂茶碗「女媧」まで,樂家歴代の作品を展示。それぞれの時代の中での創造性に注目します。

数寄事とは好きになること。作品鑑賞の始まりも同じです。
今回の展示品の中からお気に入りの茶碗をひとつ見つけていただけたなら,それはすばらしい数寄事の始まりとなりでしょう。この機会にぜひご高覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】手にふれる樂茶碗鑑賞会

小間席ならではの雰囲気をお楽しみいただいた後、道具組をご覧いただき、樂歴代の作品を手に取って鑑賞していただきます。

開催日:2016年4月2日(土)、5月7日(土)、6月4日(土)、7月2日(土)
料金:3,000円
※開催の2ヶ月前から電話予約受付(2ヶ月前の予約日が月曜日の場合、予約開始は翌日の火曜日からとなります)
※呈茶はありません。

【関連イベント】特別鑑賞茶会

樂美術館に収蔵されている作品を使ってのお茶会です。席主は当代樂吉左衞門。
茶室では当日使用のお道具について、対話がはずみます。

開催日:2016年3月20日(日)、4月17日(日)、5月15日(日)、6月12日(日)、7月10日(日)
※開催の1ヶ月前から電話予約受付
※時間・会費は日によって異なります。詳細は美術館までお問い合わせください。

【関連イベント】親子でお茶一服

中学生以下のお子様と保護者を対象としたお茶会です。席主は樂扶二子(当代吉左衞門夫人)が務め、樂歴代の茶碗で飲むお茶を味わうとともに、わかりやすく樂茶碗を解説します。

催日:2016年月5月4日(水・祝)
※開催の3ヶ月前から電話予約受付

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗