1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都文化博物館
  5. 千總460年の歴史-京都老舗の文化史-

千總460年の歴史-京都老舗の文化史-

2015/01/06 ~ 2015/02/11


【京都文化博物館】

京都文化博物館

【作品画像】
(1)重要文化財 円山応挙「保津川図屏風」左隻 寛政7年(千總蔵)
(2)重要文化財 円山応挙「保津川図屏風」右隻 寛政7年(千總蔵)
(3)「秋草筒井筒文様小袖」 江戸後期 (千總蔵)
(4)「牡丹藤花束青海波文様小袖」 江戸中期 (千總蔵)


弘治元年(1555)に法衣業を始めた初代・千切屋與三右衛門(西村貞喜)を祖とする、京友禅の老舗(株)千總。
2015年は創業から460年の節目の年にあたります。

千切屋惣左衛門家は三代千切屋與三右衛門の分家筋にあたり、寛文12年(1672)に西村貞道が宗左衛門と称して家を構え、一門は江戸時代に衣棚町を中心に興隆。惣左衛門家は主に東本願寺を中心に法衣(織)を取り扱い、江戸後期ごろから友禅(染)を手がけるようになりました。

明治時代になると、天皇が東京へ行幸し、周辺の公家たちも東京へ移り住んだほか、廃仏毀釈などのあおりを受けて閉鎖に追い込まれる寺が相次ぐなど、京都の社会は大きく変動します。そのなかで、京都の産業界は生き残りに向けての模索を余儀なくされました。
そんな折、京都の漢学者・三国幽眠の息子であった直篤は、西村家の養子に入り十二代西村總左衛門となります。そして明治の大変動の窮地において、ビロード友禅などの新技術によって千總の新境地を開き、海外博覧会にも優れた作品を出品してその名を広く知らしめました。

今回の展覧会は、10年前、450周年記念として行った「千總コレクション 京の優雅」展の第2弾として開催するものです。千切屋時代に始まり、創業から明治時代の変革期、そして現代まで、京の老舗・千總460年の足跡を、千總の所有する優れたコレクションと共にご紹介します。

※この展覧会は、京都文化博物館(第1会場)と千總ギャラリー(第2会場)にて開催いたします。
  会場により展示内容・会期が異なりますのでご注意ください。
 【京都文化博物館】1月6日~2月11日/【千總ギャラリー】1月20日~2月11日


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

担当学芸員が展示会場にて解説を行います。
※事前申込み不要、当日入場者の方のみ参加可能です。

日時:2015年1月9日(金)、23日(金)18:00~
会場:京都文化博物館 3階総合展示室内

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗