特別展「茶の湯釜の美」

2014/09/06 ~ 2014/10/19


【住友コレクション 泉屋博古館】

住友コレクション 泉屋博古館

【作品画像】
(1)「千本松地紋富士釜」大西浄雪 江戸後期(初公開)
(2)「老松菊地紋蒲団釜」西村道仁 江戸時代初期(初公開)
(3)「瓢箪釜」宮崎寒雉 江戸時代中後期
(4)「古天明姥口釜」室町時代後期


「初釜」「釜開き」「釜を懸ける」など、茶事を象徴する言葉に多く用いられる釜は、茶の湯の世界において「席中の主」と称されます。
江戸時代以降、茶人たちの好みを反映した茶釜製作の中心的役割を果たしてきたのが京のみやこ―京都でした。

今回の展覧会では、住友家が明治大正にかけて収集した釜を中心に、初公開の品26件を含む約50件の作品で、その魅力と見どころを紹介。400年の歴史を持つ釜師・大西家をはじめ、名越家、西村家など、先人の技を受け継ぎ数々の優品を産み出した、江戸から近代に至る京釜の歴史をたどります。
また、茶の湯釜の名品「芦屋釜」のふるさとである福岡県芦屋釜の里の協力により、ワークショップなども開催。茶の湯釜に込められた巧の技とその美の世界に迫ります。
 

3館相互割引「ふら~り茶の湯旅」

野村美術館・大西清右衛門美術館・泉屋博古館では、同時期に開催する茶の湯関連展の期間中、3館特別相互割引を実施します。
茶の湯・茶道具・茶釜をキーワードに、それぞれの館の特色や、多彩な日本文化の一面を知っていただくきっかけとなれば幸いです。京都の街の雰囲気とともにお楽しみください。

※各館で受付時に配布される特別割引券をご持参ください。
※対象となる期間が館により異なります。
 【泉屋博古館】「茶の湯釜の美」:9月6日~10月19日/「屏風で楽しむ京・名・物」展:10月25日~12月7日
 【野村美術館】「大名道具の世界―茶の湯と能楽」「茶の湯釜名品展(前期のみ)」前期:9月6日~10月19日/後期:10月21日~12月7日
 【大西清右衛門美術館】「十代浄雪と奥平了保」:9月6日~12月23日

・泉屋博古館では、特別割引券の提示で入館料が2割引となります。
(野村美術館では一般入館料700円が500円に、大西清右衛門美術館では入館料が2割引となります。


CHECK POINT

【関連イベント】シンポジウム「茶の湯釜の魅力を語る」

400年の歴史を持つ千家十職釜師「大西家」のご当代と、茶の湯釜の双璧と称された芦屋釜の復興を試みる福岡県「芦屋釜の里」の研究者が、「席中の主」茶の湯釜の魅力を大いに語り尽くします。

日時:2014年9月27日(土)13:30~15:30
会場:泉屋博古館 講堂
出演:大西清右衛門(大西家16代/大西清右衛門美術館館長)
   新郷英弘・八木孝弘・樋口陽介(芦屋釜の里)
※聴講無料(入館料が別途必要です)
※事前申し込みは不要です。当日先着100名様まで整理券を配付します。

【関連イベント】ワークショップ「鋳物体験-古印を作ろう-」

「芦屋釜の里」研究者の指導で、手軽に鋳造を体験できるワークショップです。
お名前の一文字を金文で作成することもできます。子どもから大人まで、お気軽にご参加下さい。

日時:2014年10月4日(土)・5日(日)11:00~/13:30~/15:00~
会場:泉屋博古館 講堂
講師:新郷英弘・八木孝弘・樋口陽介(芦屋釜の里)
料金:1,000円(入館料が別途必要です)
定員:各回10名(10歳以上対象・当日受付)
※事前申込不要
※参加希望者は当日入館後、受付までお申し出ください。

【関連イベント】鋳造見学会

「芦屋釜の里」釜師による鋳造再現。 時間中随時見学することができます。
日時:2014年9月28日(日)13:00~ 火おこし/14:30~ 鋳込み開始/16:00 終了
会場:泉屋博物古館 駐車場
※自由見学

【関連イベント】列品解説

泉屋博古館学芸員が展示室にて解説を行います。

日時:2014年9月13日(土)、10月18日(土)14:00~:特別展「茶の湯釜の美」
※常設展「中国青銅器の時代」については、毎日ミュージアムボランティアによる解説があります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗