茶の湯 禅と数寄

2019/10/05 ~ 2020/03/29


【相国寺承天閣美術館】

相国寺承天閣美術館

日本文化を代表する「茶の湯」。その歴史は「禅」とともにありました。
禅の精神性は茶の湯には欠かせないもので、多くの禅宗美術の中にその痕跡が伺えます。高僧の墨蹟も、その多くが茶の湯の席のしつらえとして用いられ鑑賞されたことで、今に伝わりました。

茶の湯の文化は現代まで連綿と受け継がれてきましたが、同時に時代と共にその在り方は変化し続けてきました。
権力者の茶、千利休の侘び茶、江戸時代の金森宗和らの「きれいさび」、そして近代数寄者の茶など、その享受の在り方は多様性を以て広がってきたのです。

相国寺における茶の湯も、時代と共に変化してきました。中世には室町将軍家の唐物を珍重し愛でる茶の湯が繰り広げられました。戦国の世に移ると織田信長が相国寺で茶会を催し、その場には千利休も参加するなど、現在の茶の湯が形成される黎明期に相国寺は大きな役割を果たしました。そして江戸時代には、後水尾院の文化圏で育まれた新たな茶の湯が、相国寺やその山外塔頭である鹿苑寺(金閣寺)で盛んになりました。そして名物とされた茶道具たちも、様々な人物の手を経て、相国寺に伝えられました。

今回の展覧会では、相国寺に伝えられた茶の湯の名品を一堂に取り揃え、二期にわたってご紹介します。特に天目茶碗は、相国寺が誇る国宝の天目茶碗「玳玻散花文天目茶碗」や、 「禾目天目茶碗」(1期)「黄瀬戸珠光天目茶碗」(2期)、豊臣秀吉から相国寺へ贈られた「古瀬戸天目茶碗」、重文の絵画や屏風などにも描かれた天目茶碗など、展示の随所で名品をご紹介いたします。
また、伊藤若冲が描いた「売茶翁高遊外像 梅荘顕常賛」などの絵画や茶の湯と共にあった墨蹟の名品や、17世紀の茶の湯とそれを牽引した人々の姿が詳細に記された、鹿苑寺(金閣寺)住職・鳳林承章の日記『隔蓂記(かくめいき)』も併せて展示します。

日本の誇る文化・茶の湯の世界とその歴史に触れる機会となれば幸いです。

※この展覧会は2期制です。展示替となる作品がございます。
【1期】2019年10月5日~12月22日【2期】2020年1月11日~3月29日

 


CHECK POINT

【関連イベント】記念講演

釜の鑑賞と楽しみ方


日時:2019年11月23日(土)14:00~15:30(開場13:30)
講師:大西清右衛門氏(釜師 十六代)
定員:80名(先着順受付/事前申込不要)
料金:無料(当日の拝観券が必要です)

長次郎と光悦とわたし


日時:2020年1月25日(土)14:00~15:30(開場13:30)
講師:樂 直入氏(陶芸家 十五代樂吉左衞門)
定員:80名(先着順受付/事前申込不要)
料金:無料(当日の拝観券が必要です)


【関連イベント】講座「禅寺に息づく茶」

日時:2020年2月22日(土)14:00~
講師:本多潤子氏(相国寺承天閣美術館 学芸員)
料金:無料(当日の拝観券が必要です)

【関連イベント】ギャラリートーク

日時:2019年12月7日(土)、2020年2月1日(土)各日14:00~
担当:本多潤子氏(相国寺承天閣美術館 学芸員)
料金:無料(当日の拝観券が必要です)

【関連イベント】体験イベント「和菓子教室」

和菓子職人による実演と共に、お一人様3種類の生菓子を3個制作します。作った生菓子はお持ち帰りいただけます。
また、併せてお抹茶と季節の上生菓子の呈茶も行います。

日時:2019年11月9日(土)13:30~
講師:京菓子司 俵屋吉富
料金:大人(高校生以上)2.000円/小中学生1,000円
定員:50名(要事前予約/美術館ホームページ、またはお電話にてお申し込みください)
※エプロンと三角巾、マスクはご持参ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗