茶の湯名碗展

2012/09/08 ~ 2012/12/09


【野村美術館】

野村美術館



茶の湯の茶碗は、お茶がおいしく飲めるものはもちろん、その姿形が美しいものが選ばれてきました。


茶の湯が日本に伝わった鎌倉時代から南北朝時代は、もっぱら中国で作られた「天目」が使われました。戦国時代に入ると朝鮮から伝わった「高麗茶碗」が盛んに使用されるようになりまし
た。
高麗茶碗は、井戸茶碗をはじめ粉引、刷毛目、三島、熊川、呉器などの茶碗があり、造形の力強さや色合いが愛でられて茶の湯に取り入れられたのです。

桃山時代に千利休が、長次郎に「樂焼」を指導して焼かせ始めると、その直後から織部焼、志野焼が登場します。そして、中国や朝鮮にはない茶碗、日本生まれのいわゆる「和物茶碗」が茶の湯によく用いられるようになりました。
その後野々村仁清や尾形乾山が登場し、色絵による華やかな茶碗が作られるようになります。


このように茶の湯の茶碗は、中国製である唐物天目、朝鮮の焼物である高麗茶碗、日本で作られた和物茶碗にわかれますが、それぞれにまとった雰囲気や背景が違い、見どころが異なります。
この展覧会では、古くから名碗として伝わり、数寄者たちによって世に紹介された作品から、日本の名工による優品まで多彩な茶碗の数々を紹介します。
それぞれの違いや良さを見比べながら味わってみてください。


CHECK POINT

【関連企画】茶の湯でさんぽ♪~京都 南禅寺界隈 ふたつの美術館、ふたりのコレクション~

京都東山のふもと、南禅寺界隈では山紫水明の景観に惹かれ、明治~昭和にかけて多くの政財界の数寄者が別荘を営み、茶会を催しました。
この秋、その地域に建つふたつの美術館、泉屋博古館と野村美術館では、住友春翠(1865-1925)、野村得庵(1878-1945)とそれぞれにゆかりの数寄者の茶道具コレクションを紹介する展覧会を同時開催します。
展覧会の期間中にいずれかの館に入館された方には、もう一方の美術館の割引券をプレゼント。
緑豊かな東山エリアに、散策気分でぜひお越しください。

※野村美術館に入館された方には泉屋博古館の割引券(2割引)、泉屋博古館に入館された方には野村美術館の割引券(200円引き)がプレゼントされます。
※1枚につき1名様、1回限り有効です。
※ほかの展覧会では利用できません。
※ほかの割引との併用はできません。
※泉屋博古館、野村美術館の間は同じ鹿ケ谷通沿い、徒歩5分程度の距離にあります。

泉屋博古館「住友コレクションの茶道具」展(同期間開催)


講演会「近代関西財界人の茶-住友春翠と野村得庵を中心に-


日時:11月10日(土) 13:30~
会場:泉屋博古館 講堂(会場は野村美術館ではございませんのでご注意ください)
講師:谷 晃 氏(野村美術館館長)
※聴講無料
※当日泉屋博古館に入館された方先着100名様までの受付です。
※詳細は施設までお問い合わせください。

【同時開催】地階展示室 館蔵品展・個展

館蔵品展「螺鈿の美 ―貝の光と漆の深み―」


日時:2012年9月8日(土)~10月21日(日)
※期間中、9/21(金)、10/12(金)、11/30(金)は、都合により地階展示室が閉鎖となりますのでご注意ください。

個展


1)中村康平の楽茶碗・高麗茶碗展:10月23日(火) ~10月28日(日)

2)「茶花 器と花の出会い」 挿花 淡斎茶花研究会 (代表 横井和子) 展:10月30日(火) ~11月4日(日)

3)日本にて歩む道 村田浩一郎 井戸茶わん展:11月6日(火) ~11月11日(日)

4)田端志音 食の器展 =通=:11月13日(火) ~11月18日(日)

5)茶の湯竹細工 四代 黒田宗傳作品展:11月20日(火) ~11月25日(日)

6)「江戸後期文人の芸術活動 ―山陽・元瑞・木米・春琴・梅逸―」:11月27日(火) ~12月 9 日(日)

※期間中、9/21(金)、10/12(金)、11/30(金)は、都合により地階展示室が閉鎖となりますのでご注意ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗