1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 高麗美術館
  5. 新春企画展「チャングムが生きた時代-女性たちの生活と服-」

新春企画展「チャングムが生きた時代-女性たちの生活と服-」

2015/01/08 ~ 2015/03/29


【高麗美術館】

高麗美術館

高麗美術館の新春企画展は、朝鮮時代(1392-1910)の社会・風習に基づく「衣・食・住」をテーマとした展覧会です。特に、アジア圏でヒットした韓国の歴史ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」(MBC放送)に代表される朝鮮時代を生きた女性たちに焦点を当てます。

朝鮮時代は、儒教(朱子学)が国家の統治理念とされ、あらゆる制度が儒教精神の基に定められました。女性たちの生活も、その儒教精神の影響を強く受けています。

衣装は、男性優位の社会の中で女性たちが意のままに身を飾ることができるこだわりの対象でした。宮廷や貴族の女性たちの衣装は厳か且つ華やかで、季節や用途、場所など環境に合わせた高いファッション性が伺えます。展覧会では、16~19世紀に宮廷の女性たちが身につけた伝統服を再現した約20点の作品を紹介します。
また、民族や時代の特徴を直に伝える居住空間も、女性たちの部屋は男性の部屋とは異なります。花や鳥、蝶をモチーフとした絵画や刺繍雛、「十長生文」という幸福のシンボルを表す動植物をあしらった屏風などが飾られるなど、女性の部屋は実に鮮やかでした。展覧会では、螺鈿漆器、牛の角を利用した華角(かかく)工芸品などの家具類のほか、陶磁器や屏風、絵画、刺繍品などを展示します。
そして、今回は“薬食同源”の精神に基づく朝鮮時代の食文化についても、世界記録遺産にも登録された朝鮮時代の医学書『東医宝鑑』(17世紀初刊・展示品は19世紀の重刊本)などを通じてご紹介します。

さまざまな生活用具や資料を通じ、朝鮮に伝わる伝統的な「暮らしの美」の世界に触れてみてください。


CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会
「朝鮮王朝の服飾~18世紀の王世子と王世子嬪の大礼服を着る~」

韓国服飾史の専門家をお招きし、朝鮮時代の宮廷衣装などをテーマにお話を伺います。
あわせて、18世紀の王世子(次期国王)夫妻が着用した大礼服(複製)の着付けを実際にご覧いただきます。
※通訳有り

日時:2015年1月10日(土)13:30~15:00(受付は13:00~)
講師:朴聖實氏(韓国文化財庁文化財委員、韓国服飾史専門)
参加費:500円(入館料は別途必要です)
定員:80名(要申込)

※事前申込が必要です。定員に達し次第受付終了となります。→受付終了いたしました
※お申込・お問い合わせは高麗美術館の受付、またはお電話(075-494-2238/高麗美術館研究所)にてご連絡ください。

【関連イベント】高麗美術館研究講座
「朝鮮王朝の食文化~現代に根付く“薬食同源”」

数々の韓国歴史ドラマの日本語版を監修してきた韓国社会論専門の朝倉敏夫先生に、朝鮮時代の食文化について伺います。

日時:2015年2月14日(土)13:30~15:00(受付は13:00~)
講師:朝倉敏夫氏(国立民族学博物館民族社会研究部教授)
参加費:500円(入館料は別途必要です)
定員:80名(要申込)

※事前申込が必要です。定員に達し次第受付終了となります。
※お申込・お問い合わせは高麗美術館の受付、またはお電話(075-494-2238/高麗美術館研究所)にてご連絡ください。

【関連イベント】ワークショップ

刺繍で“福寿”飾りを作る


上質の麻布と糸を使って、新春にふさわしい“福寿”の二文字を刺繍。素敵な木製額入りの刺繍作品を作ります。

日時:2015年1月31日(土)13:00~16:00
講師:都年子(ト・ヨンジャ)氏(韓国刺繍・韓国茶道専門)
参加費:4,500円(材料費込)(入館料は別途必要です)
定員:10名(要申込)
→受付終了いたしました

料理教室~朝鮮王朝の伝統料理を作る


朝鮮時代から伝わるおかずのレシピを専門家に教わり、調理します。
“薬食同源”のレシピをご家庭にもぜひ取り入れてみてください。

日時:2014年2月21日(土)10:00~/14:00~
→14:00~の回は受付終了いたしました
講師:ナ・スンジャ氏(韓国伝統料理研究家)
参加費:4,500円(材料費込)(入館料は別途必要です)
定員:各回20名(要申込)
※エプロンは各自ご持参ください。

※いずれも事前申し込みが必要です。定員に達し次第締め切りとなります。
※お申込・お問い合わせは高麗美術館の受付、またはお電話(075-494-2238/高麗美術館研究所)にてご連絡ください。
※ワークショップは事前払込制での受付です。詳しくは申込時にお問い合わせください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗