1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 茶道資料館
  5. 千家茶道の継承 裏千家十三代 圓能斎鉄中宗室

千家茶道の継承 裏千家十三代 圓能斎鉄中宗室

2010/06/19 ~ 2010/09/26


【茶道資料館】

茶道資料館


裏千家十三代・圓能斎鉄中(えんのうさいてっちゅう/1872-1924)。
若くして家元を継承した彼は、明治維新での混乱の煽りを受けた茶道の再興を果たすべく、一時東京に居を移し、茶道の普及活動を始めます。
その過程で圓能斎は、かつては主に男性のものであった茶の湯を、一般の女性も学ぶことができるようにと、女学校教育の中に取り入れました。
現在では数多くの女性が茶道を嗜み、学校でも茶道部が設けられるなど定着していますが、それは圓能斎あってのものということができます。

さらに圓能斎は茶道の夏期講習会を開催し、指導者の研修を行うと共に点前の統一を図ります。

また、十二代家元・又玅斎(ゆうみょうさい)と共に裏千家が現在も発行している茶道雑誌『淡交(たんこう)』の前身『今日庵月報(こんにちあんげっぽう)』、『茶道月報』や『浦のとまや』などを発行し、多くの茶人を育成につとめました。これらの偉業は現在にも確かに受け継がれています。


今回の展覧会では圓能斎ゆかりの掛物や自作の茶碗や茶杓、彼の好み物などを展示。その足跡を辿り、茶風を紹介いたします。

※展示は夏期休館中に陳列替がございます。
CHECK POINT

関連イベント

【講演会】「圓能斎と三田・九鬼隆一」


展覧会を記念し、裏千家の前家元で資料館館長である千玄室大宗匠が講演会を行います。
日時:2010年9月1日(水) 13:30~15:00
講師:千 玄室(裏千家前家元/茶道資料館館長)
※事前申し込み制(定員120名・先着順)
1名様につき往復はがき1枚にて、住所・氏名を明記の上、資料館までお申し込み下さい。
7月15日(木)以降の消印より先着順で受付いたします。

【展示解説】


茶道資料館の学芸員さんが、展示品を前に解説して下さいます。
日時:毎月第3土曜日 13:30~
※参加無料、事前の申し込みは不要です

茶道資料館で、いつもと違った夏の一日を。

【茶道体験コーナー】


展示期間中のみ、初心者の方を対象とした茶道体験コーナーが設けられています。
講師による分かりやすい指導のもと、いすに座る立礼(りゅうれい)で点前(てまえ)が行われ、挨拶の仕方やお菓子の食べ方、お茶の点て方、飲み方を体験することができます。
展覧会での鑑賞と茶道体験を通じて日本の文化を体感してみませんか。

開催時間:10:00、11:00、13:00、14:00、15:00 (1回約1時間)
※定員各回12名まで。1週間前迄に電話予約が必要です。
※入館料のみで参加頂けます。

【碾茶体験】


石臼で茶葉をひき、ひいたお茶を使って自分で抹茶を点てる体験ができます。
普段はなかなかできない貴重な機会。一度、ひきたてのお茶の味を味わってみては?
開催日時:2010年8月7日(土)~29日(日) 10:00~16:00
※8/9、16、23はお休みです
※参加無料(入館料が必要)、事前の申し込みは不要です

【茶道資料館コンサート】「真夏の夜のファンタジー」


展覧会にあわせ、美術館にてフルートとハープによるコンサートが開催されます。
当日は展覧会の開館時間も18:20まで延長。コンサート終演後も30分開館されますので、展覧会とコンサートを併せてお楽しみ下さい。

日時:8月27日(金) 開場17:00・開演17:30~(約40分)
出演:フルート奏者 吉岡由美氏・ハープ奏者 内田奈織氏
(入館料のみ。要事前電話予約。先着100名)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗