1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 特別展覧 第100回大蔵会記念「仏法東漸 仏教の典籍と美術」

特別展覧 第100回大蔵会記念「仏法東漸 仏教の典籍と美術」

2015/07/29 ~ 2015/09/06


【京都国立博物館】

京都国立博物館

大蔵会(だいぞうえ)とは、仏教に関する典籍の展観を中心とした仏教行事です。京都仏教各宗学校連合会が主体となって行われており、現在は十六大学が加盟しています。

大蔵会は大正4年(1915)に大正天皇の即位式記念として開始し、以来毎年開催され、今年2015年に100回目の節目を迎えました。
これを記念し、京都国立博物館・平成知新館1階の各展示室を会場に大規模な記念展覧会を開催します。

展覧会は大きく分けて二部構成となっています。
第一部では、仏教経典の総集である「大蔵経(一切経)」の歴史を現存する品々から紐解きます。
大蔵経の書写は、莫大な材料と時間、人員を必要とする一大事業でしたが、日本では奈良時代以降相当な数が作られ、また海外からももたらされました。今回は日本屈指の古写経コレクションである「守屋コレクション」を中心に、中国・朝鮮半島、日本で作られた大蔵経とその流れを紹介します。

そして第二部では、日本に伝来した仏教がどのように広がっていったのか、天台宗や真言宗、浄土宗、浄土真宗、臨済宗を中心に、各宗派の宗祖に関する書籍のほか、それぞれの特徴的な絵画や工芸品もあわせて紹介し、仏教の日本での展開と足跡をたどります。このような宗派の垣根を越えた横断的展示は、大蔵会の長い歴史において初の試みであり、100回目の記念にふさわしいものといえます。

タイトルにある「仏法東漸(ぶっぽうとうぜん)」とは、仏の教えがインドから中国、朝鮮半島を経て日本へ伝わっていくその流れを示す言葉です。
今回の展覧会はまさにその「仏法東漸」の証となる品々を通し、日本仏教の歴史を通史的・立体的に見ることのできるまたとない機会です。ぜひ足をお運びください。
 

 


CHECK POINT

【関連イベント】土曜講座

京都大蔵会-その意義と役割-


日時:2015年8月8日(土)13:30~15:00
講師:松永知海氏(佛教大学文学部教授)
会場:京都国立博物館 平成知新館 地下 講堂
定員:200名
※参加無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※事前申込不要。当日12:00より、平成知新館の1階グランドロビーにて整理券を配布します。(定員に達し次第配布終了)

仏法東漸の道のり-大蔵経の成立と変遷-


日時:2015年9月5日(土)13:30~15:00
講師:中尾良信氏(花園大学文学部教授)
会場:京都国立博物館 平成知新館 地下 講堂
定員:200名
※参加無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※事前申込不要。当日12:00より、平成知新館の1階グランドロビーにて整理券を配布します。(定員に達し次第配布終了)

【関連イベント】シンポジウム「仏法東漸 釈尊の教えとそのひろがり」

日時:2015年8月29日(土)13:00~16:00
会場:京都国立博物館 平成知新館 地下講堂
定員:150名
※参加無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※事前申込不要。当日12:00より、平成知新館の1階グランドロビーにて整理券を配布します。
(定員に達し次第配布終了)

■詳細は京都国立博物館のWebサイトをご確認ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗