1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市美術館
  5. ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展 印象派を魅了した日本の美

ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展 印象派を魅了した日本の美

2014/09/30 ~ 2014/11/30


【京都市美術館】

京都市美術館

【作品画像】
(1) クロード・モネ 《ラ・ジャポネーズ(着物をまとうカミーユ・モネ)》 1876年 1951 Purchase Fund 56.147 ※チラシ使用画像
(2) フィンセント・ファン・ゴッホ 《子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人》 1889年 Bequest of John T. Spaulding 48.548
(3) ティファニー工房 《“アバロン”インク壺》 1899-1918年 Anonymous gift in memory of John G. Pierce, Sr. RES.65.58
(4) ジスベール・コンバズ <四大元素>より上段《空気》《水》、下段《水》《火》 1898年 Gift of Leonard A. Lauder PG.2010.304.1,3,5,12
(5) 歌川広重 《名所江戸百景 亀戸梅屋舗》 江戸時代 安政4年(1857) William Sturgis Bigelow Collection 11.20206
All photographs©2014 Museum of Fine Arts, Boston.


1850年代、日本は長い鎖国の時代を終え、開国し西洋との通称を開始します。それに伴い、日本の美術工芸品が大量に西洋へもたらされることになりました。西洋とはまったく異なる珍しくも美しい日本の品々は、たちまち大流行しました。
それまでの西洋美術にはない、日本美術の大胆な構図と色使い、独特の装飾模様は、西洋の芸術家たちに大きな衝撃を与え、そして西洋の美意識そのものにも根本的な変革をもたらすことになりました。この一連の現象を「ジャポニスム」と呼びます。

今回の展覧会では、10万点を超える充実した日本美術コレクションで世界的に知られるボストン美術館(アメリカ)の所蔵品のうち、浮世絵の名品をはじめ、絵画、版画、写真、工芸など幅広いジャンルから厳選された約150点の作品を展示。初期の「日本趣味(ジャポネズリー)」の時代や、女性や風景、自然などモチーフなどさまざまな視点でご紹介します。

なかでも、初期ジャポニスムを代表するクロード・モネの大作《ラ・ジャポネーズ》は、およそ1年がかりの修復作業を経て、世界に先駆けて日本で初公開となります。また、モネをはじめドガ、ロートレック、ルノワール、ゴーギャン、ゴッホなど、印象派の画家たちと彼らに影響を与えた浮世絵をはじめとした日本美術を対比して展示します。
工芸作品においても、ティファニー工房やエミール・ガレなどによる優れた作品が多数登場します。

西洋の芸術家たちが日本の浮世絵や工芸との出会いから何を学び、取り入れ、新しい美を創造していったのか。ジャポニスムがもたらしたものはなんだったのか、その全貌にこの展覧会で触れてみてください。


CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会
「ニューイングランドの港町と日本趣味―ボストン美術館の東洋美術収集はジャポニスムといかに交わるか-」

日時:2014年10月25日(土)14:00~15:30
講師:稲賀繁美(国際日本文化研究センター・総合研究大学院大学教授)
会場:京都市美術館 講演室
定員:80名(先着順受付)
料金:無料(ただし、展覧会の観覧券(半券可)が必要です)
※事前申し込みは不要です。当日13:00より正面玄関前にて整理券が配布されます。

【関連イベント】展覧会解説講座

ジャポニスムすごろくを使って遊ぶ


日時:【1】2014年10月5日(日)【2】11月2日(日)【3】11月9日(日)各日14:00~15:00
講師:尾﨑眞人(京都市美術館学芸課長)
会場:京都市美術館 講演室
定員:各回80名(先着順受付)
料金:無料(ただし、展覧会の観覧券(半券可)が必要です)
※事前申し込みは不要です。各日13:00より正面玄関前にて整理券が配布されます。

ジャポニスムと印象派


日時:【1】2014年10月18日(土)【2】11月22日(土)14:00~15:00
講師:後藤結美子(京都市美術館学芸員)
会場:京都市美術館 講演室
定員:各回80名(先着順受付)
料金:無料(ただし、展覧会の観覧券(半券可)が必要です)
※事前申し込みは不要です。各日13:00より正面玄関前にて整理券が配布されます。

【関連イベント】第4回畠山公開シンポジウム
「ジャポニスムの全貌~ホイッスラーから何が始まったのか?」

京都国立近代美術館の「ホイッスラー展」と京都市美術館の「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」が同時期に開催されることに合わせて行われるシンポジウム。
異国趣味、モチーフ、画中画、空間表現、画面構成、色彩や筆触、装飾性、署名や額縁など、ホイッスラーの作品にはジャポニスムと関連するあらゆる要素を見ることができます。このシンポジウムでは、ジャポニスムの最初期に位置するホイッスラーとその作品を再検討したうえで、ジャポニスムの発展全体を俯瞰的にとらえなおします。

日時:10月4日(土)午前10時~午後5時
会場:京都国立近代美術館1F講堂
主催:ジャポニスム学会
共催:公益財団法人畠山文化財団・京都国立近代美術館・京都市美術館
定員:100名(要申込)
※聴講無料
※事前申込が必要なイベントです。申込方法については下記をご参照ください。

【申込方法】
メールまたは往復はがきにて、住所・氏名・電話番号を明記の上、
「京都国立近代美術館シンポジウム係」まで、下記あて先にてお申し込みください。
受付後、参加証をお送りいたします。
メール:info@ma7.momak.go.jp
往復はがき:〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町 京都国立近代美術館シンポジウム係
※申込受付期間:9月10日~9月30日(先着100名)

【関連イベント】舞と着物のジャポニスム with 京都学生祭典

舞Stage
「紅白おどり合戦」


京都国立近代美術館の「ホイッスラー展」と京都市美術館の「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」。
同時開催される2つの展覧会のイメージカラーである白と赤の2組に分かれて行うダンスコンテスト。
出場者は、平安神宮内で行われるグランドフィナーレの出場権を目指して競い合います。

日時:2014年10月12日(日)13:30~15:30
会場:平安神宮 神宮道ステージ(岡崎公園内 平安神宮大鳥居付近)

着物Stage
「誕生!現代のラ・ジャポネーズ」


京都の学生が考案した着物デザインを元に京友禅の職人が着物を制作、平安神宮で披露します。
着物をまとって登場するのは、モデル・タレントとして活躍中の豊田エリーさん。
現代版「ラ・ジャポネーズ」が秋の平安神宮で誕生します。

日時:2014年10月12日(日)19:00~20:00(18:15開門予定)※状況により変更となる場合があります
会場:平安神宮内特設ステージ

■ イベント公式サイト:http://www.nhk.or.jp/kyoto/japonism/index.html

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗