民藝誕生

2010/10/01 ~ 2010/12/12


【アサヒビール大山崎山荘美術館】

アサヒビール大山崎山荘美術館





《肥前 松絵大鉢》 江戸時代 19世紀




《イギリス スリップウェア鳥文鉢》 1769年




大正から昭和にかけて、柳宗悦(1889-1961)をはじめとした優れた眼の持ち主によって、日常雑器に新しい美が見出され、民藝(民衆的工芸)と名づけられました。
しかし、素朴で稚拙とも見える雑具に美しさを見出すためには、優れた直観力が必要とされます。

そこでこの展覧会では、民藝の鑑賞をより感動的な体験とするために、静かで、力強く、あるいは可憐な民藝美を存分に引き出す空間を演出しています。
展示品は、民藝誕生期に、民藝のモデルルームとして造られた三国荘(※)のための蒐集品で、近代以前に作られた古民藝が中心となっています。
しかし、民藝運動は作品だけでなく、生活空間や展示空間も美の創作の対象としていました。この点に注目し、特別にしつらえた静謐な展示空間で、「美しい民藝をさらに美しく表現すること」を目指しています。


民藝運動が、「器の愛玩」を超え、「鑑賞による真理の追究」を目指したことはあまり知られていません。
柳は、大らかで温かく、健康的な美を示す民藝を通して、人間の生き方、社会のあり方を探求しました。

この展覧会では、「民藝の誕生」に改めて光を当てると共に、それにより世界の「MINGEI」としても注目されることを期待しています。
また、柳の思想や民藝運動に加わった同人たちの想いも併せて紹介します。
民藝美が持つ豊かなこころを、展示空間全体から感じ取ってみて下さい。


※「三国荘」
昭和3年に開催された、御大礼記念国産振興東京博覧会に「民藝館」として出品された建物。
博覧会の終了後、大阪の三国(東淀川区)にあった、後のアサヒビール初代社長・山本爲三郎の邸宅に移築されました。その後、調度品の大部分がアサヒビール大山崎山荘美術館に寄贈されています。
CHECK POINT

【関連イベント】講演会+ギャラリートーク

講演会「柳宗悦の『手仕事の日本』から現代『日本の手仕事』へ」


新聞や雑誌でも注目される、現代民藝の実践者・久野恵一さんが、柳宗悦が提唱した民藝について分かりやすく解説。
各地の手仕事の現状と、次世代に継続させるための活動について語ります。

講師:久野恵一氏(手仕事フォーラム代表/地域手仕事文化研究所主宰/日本民藝協会常任理事 )
日時:10月30日(土) 13:30~15:30
会場:大山崎町ふるさとセンター 3階ホール → アクセスはこちら
参加費:無料(美術館入館料は別途必要です)
定員:130名、要予約(先着順)
※ 参加はFAXにてのお申し込みとなります(申し込み用紙は公式ホームページにてダウンロードできます)
以下を明記の上、「民藝誕生 講演会係」までFAXにてお送り下さい。
1)参加希望日 2)お名前 3)ご住所 4)電話番号 5)FAX番号

ギャラリートーク


美術館の学芸員が、展示の見所について展示室内で解説します。

日時:展覧会期間中、毎月第2土曜日 14:00~14:30
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室
参加費:無料(美術館入館料は別途必要) ※事前申し込み不要

【関連イベント】参加型イベントも充実!

参加型展示「私は好きなお皿をこう使う」


《瀬戸 花蝶文行灯皿》 江戸時代 19世紀
江戸時代に活躍した行灯皿(あんどんざら)。
現在は本来の用途では出番がなくなりましたが、職人の手仕事による確かな形と、自由自在な絵付けの魅力は、今なお輝きを増しています。
展示された皿の中から好きな1枚を選んで、自由な気持ちで新しい使い方を提案してください。

日時:展覧会期間中
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室
参加費:無料(美術館入館料は別途必要) ※事前申し込み不要
協力:天野実業(株)

※このイベントでは5期(約2週間づつ)に分けて、各期で久野恵一賞(1名)、大山崎山荘賞(4名)を決定し、それぞれに景品を贈呈します(該当者なしの場合もあります)。審査委員長:久野恵一氏(手仕事フォーラム代表)

小石原ポタリーの器でいただく京都のお菓子


フードコーディネーター・長尾智子さんプロデュースの小石原ポタリー(小石原は福岡の民窯)。
手仕事の伝統技法を活かしながら、現代生活になじむ新しいデザインの魅力を、長尾さんお勧めの京都のお菓子盛り合わせとともにお楽しみください。

日時:展覧会期間中(限定メニューにつき売切れとなる場合がございます。予めご了承下さい)
場所:アサヒビール大山崎山荘美術館 喫茶室
料金:500円(税込、ドリンク別。美術館入館料は別途必要です)
※事前申し込み不要
協力:亀屋良永、京華堂利保、パティスリー オ・グルニエドール

※なお、展覧会期間中は「小石原ポタリー」の器がミュージアムショップにて販売されます。

大山崎秋茶会


恒例の中国茶会。お気に入りのお猪口くらいの茶杯を持参の上、ご参加ください(美術館でも購入できます)。

日時:10月16日(土)・17(日) 11:00~16:00(受付は15:30まで)
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 庭園・茶室など
参加費:1000円(税込、お菓子・お土産付き/入館料が別途必要です)
主催:中國茶會・無茶空茶
※ 事前予約不要
※ 雨天決行

※こちらのイベントのお問い合わせは、以下にお願い致します。
TEL:06-6361-6910  e-mail : muchakucha@nifty.com
中國茶會・無茶空茶 黄 安希(ほあん あき)<茶事家>

常設展「フランス美術の名品」

主に西洋美術コレクションを展示している新館展示室では、
期間中「フランス美術の名品」として、モネをはじめ、ボナール、ヴラマンク、ロダンなど
フランスで活躍した作家たちによる名品を展示しています。
安藤忠雄設計による室内で、ゆっくりと作品と向き合ってみて下さい。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗