1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都府立堂本印象美術館
  5. 企画展「美の跫音(あしおと) ―1952年のパリ・ローマ・フィレンツェ」

企画展「美の跫音(あしおと) ―1952年のパリ・ローマ・フィレンツェ」

2013/12/04 ~ 2014/03/30


【京都府立堂本印象美術館】

京都府立堂本印象美術館

堂本印象は、昭和27年(1952)の5月から約半年間に渡り、甥の堂本尚郎氏とともにヨーロッパへ旅立ちました。
現地ではフランス・パリを中心に、イタリア・ローマやフィレンツェの街を見学。さらにはスペインやドイツ、スイスにも訪れました。

名所旧跡を旺盛に見学する一方で、印象は現地で目にした味わい深い風景を数多くのスケッチとして残しました。それぞれの町の佇まいを情緒豊かにとらえたそれらの作品からは、印象が何気ない裏町の一角や底で生活する人々の姿に強く関心を示した様子がうかがえます。

また、印象は各地の古い教会や美術館へも足を運び、日本とは異なるヨーロッパの文化・芸術に触れ、その歴史や造形に魅了されました。この時の経験は、『美の跫音(あしおと)―ヨーロッパ美術紀行』として多くの挿絵と共に一冊の本としてまとめられ、帰国後に出版されています。

今回の展覧会では、印象が残したヨーロッパの風景を題材にした瀟洒な素描、ペン画、油彩画の数々を中心に、現地の芸術体験を糧に制作した帰国後の作品も併せてご紹介します。異文化に触れ、新たな表現の扉を開いた印象のこころを感じとっていただければ幸いです。
 

【同時開催企画展】浅井忠の眼―パリの街角を飾ったポスター―

浅井忠は、明治35年(1902)に京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)の図案科教授として着任しました。洋画家として知られる浅井ですが、明治33年(1900)に開催されたパリ万博を機に2年間フランスへ留学し、その際に眼にしたアール・ヌーヴォーに興味を示し、帰国後京都に移住すると図案への関心を強めていきました。
今回は、浅井などが京都高等工芸学校図案科での教材としてパリから持ち帰ったポスターを中心に展示します。ロートレック、ミュシャなどによってにぎわった19世紀末のパリのポスターデザインをお楽しみください。
(協力:京都工芸繊維大学美術工芸資料館)

 


CHECK POINT

【関連イベント】講演会/ギャラリーツアー

講演会


会場:堂本印象美術館 1階ロビー
※参加無料(ただし、入館券が必要です)

印象が感じたヨーロッパの風



日時:2014年1月25日(土)14:00~15:30

講師:潮江宏三(京都市美術館館長)

写真家が見たヨーロッパの街角



日時:2014年2月23日(日)14:00~15:30

講師:北奥耕一郎(写真家)

パリと浅井忠
-京都高等工芸学校の教材から-



日時:2014年3月1日(日)14:00~15:30

講師:並木誠士(京都工芸繊維大学美術工芸資料館館長)

ギャラリーツアー


日時:2013年12月21日(土)、2014年1月12日(日)、2月15日(土) 各日14:00~
会場:堂本印象美術館1階ロビー集合
ナビゲーター:山田由希代(堂本印象美術館主任学芸員)
※参加無料(ただし、入館券が必要です)

【関連イベント】コンサート

ミュージアムコンサート


会場:堂本印象美術館 2階展示室
料金:2,000円(要予約)
※申込・お問い合わせは美術館まで直接ご連絡ください

河野文昭・河野美砂子デュオコンサート
-チェロとチェンバロでバッハ親子の作品を聴く-


日時:2013年12月7日(土)18:30~

高田泰治フォルテピアノ演奏会


日時:2014年3月8日(土)18:30~

ロビーコンサート


テルミン・マトリョミンX'masコンサート


日時:2013年12月22日(日)13:30~/14:30~
会場:堂本印象美術館 1階ロビー
※参加無料(ただし、入館券が必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗