ベルギー 木の匠の技

2011/05/23 ~ 2011/08/11


【京都工芸繊維大学美術工芸資料館】

京都工芸繊維大学美術工芸資料館

ヨーロッパの建築といえば石造建築のイメージが強くあります。
しかし実は優れた木造建築とその技術も各地に遺されています。
特に西ヨーロッパ北部ではフランスとドイツの建築が代表的ですが、その両者の特徴が共存しているのが、両者の中間に存在するベルギーです。

この展覧会ではベルギー南部のワロン地方の建築を中心に、隣接する地域の解説も交えながら、幅広くヨーロッパの木造建築と技術を、図面をはじめとして模型や道具、映像などで紹介します。

CHECK POINT

【関連イベント】記念講演・シンポジウム「ヨーロッパの伝統的木造建築と技術」

日時:2011年7月30日(土)14:00~16:30
会場:京都工芸繊維大学 60周年記念会館 1階 記念ホール
※聴講無料・定員200名(展覧会の鑑賞には別途入場料が必要です)

【講師・パネリスト】
クリストフ・ヘンリヒセン(ハイデルベルグ大学カールヤスペル研究所研究員)※記念講演講師
西山マルセーロ(財団法人竹中大工道具館主任研究員)
松本絵理(鳥取県教育委員会)
日向進(京都工芸繊維大学大学院教授)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗