1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. アサヒビール大山崎山荘美術館
  5. 美の再発見 アサヒビール大山崎山荘美術館の名品より

美の再発見 アサヒビール大山崎山荘美術館の名品より

2012/06/06 ~ 2012/10/14


【アサヒビール大山崎山荘美術館】

アサヒビール大山崎山荘美術館

大正時代が幕を開けた1912年、大山崎山荘は関西の実業家・加賀正太郎の邸宅として着工されました。奇しくも、それからちょうど100年目にあたる今年2012年、「アサヒビール大山崎山荘美術館」には、建築家・安藤忠雄氏設計による新スペース「夢の箱」が加わり、新たなスタートを切ります。

この展覧会では、人々の出会いや交友を軸に、オーギュスト・ルノワールやフィンセント・ファン・ゴッホなどの絵画をはじめ、バーナード・リーチや富本憲吉らによる珠玉に名品を通じて、山荘やこれを取り巻く時代にまつわる物語を紐解き、文化の発信地としての大山崎山荘美術館の意義を見つめ直します。

大山崎山荘が生まれた大正から昭和初期はデモクラシーの機運に乗った「白樺派」が西洋の美術作品を日本に紹介し、白樺同人のひとりであった柳宗悦らが日曜の雑記に新たな美を見出した、「美の再発見」の時代でした。

この時代を代表するのが、1928年、御大礼記念国産振興東京博覧会の展示館として作られた「民藝館」です。柳宗悦らは「民藝館」に建築と調度品が融合した総合的な美、民藝運動の理念を初めて具現化し、「生活に即した美」(用の美)を世に問いました。
その後、「民藝館」は、民藝運動の支援者であったアサヒビールの初代社長・山本爲三郎(ためさぶろう)の邸内にうつされ、「三國荘(みくにそう) 」と名づけられました。
これら三國荘の調度類を含む山本のコレクションは、実業家・加賀正太郎の大山崎山荘と出会い、 1996年に 「アサヒビール大山崎山荘美術館」が誕生しました。
二つが結びついた背景には、同時代を生きた山本と加賀との運命的なつながりが感じられます。

さまざまな人々の出会いと交友、新しい価値観との出会い...「出会い」の糸が、これまでの時代を紡ぎだしていきました。革新の気にみちた時代のもとに生まれた出会いと発見が、アサヒビール大山崎山荘美術館でひとつになり、いま、さらに次のステップに進みます。
その始まりとなる今回の展覧会、ぜひ足をお運びください。

※展覧会は二期制です。展示替される作品がございます。
【前期】6/6(水)~7/25(水)/【後期】8/1(水)~10/14(日)

CHECK POINT

【関連イベント】「夢の箱」完成記念セミナーシリーズ

講演会


【1】6月2日(土) 14:00~ 講師:志賀直邦 氏(東京民藝協会会長)
【2】6月3日(日) 10:30~ 講師:荒巻禎一 氏(京都府京都文化博物館館長)
【3】6月3日(日) 14:00~ 講師:高橋明也(三菱一号美術館館長)
【4】7月28日(土) 14:00~ 講師:安藤忠雄(建築家)「感性をみがく」
【5】7月28日(土) 15:30~ 講師:安藤忠雄(建築家)「感性をみがく」

※事前のお申し込みが必要です

シンポジウム「工芸の再発見(仮)」


日時:7月29日(日)14:00~
コーディネーター:松原隆一 氏(京都国立近代美術館主任研究員)

※事前のお申し込みが必要です

会場:アサヒビール大山崎山荘美術館「夢の箱」(新スペース)(講演会・シンポジウム共通)
参加費:無料(美術館入館料は別途必要です)
定員:100名(要申し込み/先着順)

申し込み方法


1)お名前 2)住所 3)電話番号 4)FAX番号 5)番号・希望日時をご記入の上、
「夢の箱完成記念講演会係」までFAX(075-957-3126)にてお申し込みください。
※申し込みは1回2名様まで
※小学生以下のお子様は、保護者の同伴が必要です
※電話・メールでは受付を行っておりません。

【関連イベント】ギャラリートーク

展覧会期間中、展示品を前に学芸員によるみどころ解説を行います。
※事前申し込みは不要です。

日時:展覧会期間中の第2、第4土曜日(10/13を除く) 14:00~14:30
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室
参加費:無料(美術館入館料は別途必要です)
※事前申し込みは不要です

【関連イベント】第21回大山崎秋茶会(中国茶会)

恒例の中国茶会を開催します。通常非公開の茶室も公開いたします。

日時:10/6(土)、7(日) 10:30~16:30(15:30受付終了)
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 庭園・茶室(通常非公開)
参加費:1,000円(税込/お貸し・お土産付 ※各日先着150名)(美術館入館料は別途必要です)

※雨天決行
※お気に入りのお猪口程度の茶杯を持参の上、ご参加ください(美術館でも購入可能です)

※このイベントのお問い合わせ:TEL 06-6361-6910/MAIL muchakucha@nifty.com
 (中国茶會・無茶空茶 黄安希/茶事家)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗