1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. アサヒビール大山崎山荘美術館
  5. 美しきカントリーライフ~理想郷への回帰とたびだち~ フランス、イギリスの芸術家村と大山崎山荘

美しきカントリーライフ~理想郷への回帰とたびだち~ フランス、イギリスの芸術家村と大山崎山荘

2010/03/03 ~ 2010/05/30


【アサヒビール大山崎山荘美術館】

アサヒビール大山崎山荘美術館


19世紀半ばから20世紀前半にかけて、産業革命による鉄道網の発達に伴い、多くの芸術家達が郊外に移り住んでいきました。
郊外に移り住んだ彼らは田園で「芸術家村(artist colony)」と呼ばれるコミュニティーを形成します。彼らは自然と人間との関係を再考することで、労働に喜びを見出し、生活全体を美しいもので満たそうとしました。彼らの全く新しい価値観は、都会の物質主義に対して、田園から「生活の質」の向上を提案するものでした。

この展覧会では、特にイギリス・フランス、そして日本に焦点を当て、自然との共生のひとつのあり方を示してくれる「芸術家村」を紹介します。


 












ウィリアム・モリス:印刷
エドワード・バーン=ジョーンズ:挿絵
ケルムスコット・プレス刊本 『チョーサー著作集』(部分)
(1896年/東京・印刷博物館蔵)



『楽譜』
(イギリス・16-17世紀/東京・日本民藝館蔵)



芸術家村の先駆けとなったフランスのバルビゾン派からは、独特の銀灰色調が美しいカミーユ・コローの『大農園』(山梨県立美術館蔵)を展示。また、数々の芸術家村を生み出したイギリスのアーツ・アンド・クラフツ運動からは、その中心人物だったウィリアム・モリス設立の印刷所ケルムスコット・プレス刊本による最高傑作『チョーサー著作集』(印刷博物館蔵)がお目見えします。

また、併せてアーツ・アンド・クラフツ運動からもインスピレーションを受けたとされる、京都の実験的工房「上加茂民藝協団」の黒田辰秋による拭漆テーブルセット(アサヒビール大山崎山荘美術館蔵)や、濱田庄司ら日本の民藝運動の同人が美を見出した、16~17世紀に制作されたグレゴリオ聖歌の楽譜(日本民藝館蔵)といった人々の生活を彩ったヨーロッパの工芸品もご紹介します。

バルビゾン派、アーツ・アンド・クラフツ運動、そして日本の民藝運動へ...
自然との調和や共生が改めて求められるようになっている現代。自然と人間のあり方を追い求めた彼らの作品は、今を生きる私達の生活を見直すひとつのきっかけが見つけられるのではないでしょうか。


CHECK POINT

「大山崎山荘の夕べ」:お菓子と共にに楽しむ、芸術家達の物語。

閉館後の美術館のカフェを貸切り。
作家にちなんだお菓子・飲み物を味わいながら、芸術家にとってのカントリーライフについてお話を伺います。


【イベント概要】



1)「バルビゾン派の愛した自然」
話し手:賀川恭子氏 (山梨県立美術館学芸員)
日時:3月20日(土) 17:00~18:30
お菓子:モネのレシピによるガトー(ケーキ/リーガロイヤルホテル特製)・飲み物付




2)「東のものが西へきて東を見る─濱田庄司のイギリス体験─」
話し手:濱田琢司氏 (南山大学准教授、祖父は陶芸家・濱田庄司)
日時:4月3日(土) 17:00~18:30
お菓子:濱田庄司にちなんだイギリスのお菓子(リーガロイヤルホテル特製)・飲み物付


場所:アサヒビール大山崎山荘美術館・喫茶室
参加費:1000円(入館料込み)
定員:各日40名 ※事前のご予約が必要です。

《申し込み方法》
申し込み用紙(公式ホームページからダウンロードできます)に
参加希望日、氏名、住所 、電話番号、FAX番号をご記入の上、「大山崎山荘の夕べ係」までFAXにてお申し込みください。


他にもイベントは盛りだくさん。京都・大山崎で春を満喫。

【ギャラリートーク】


展覧会の担当学芸員さんが、実際の作品を見ながら解説をして下さいます。

日時:毎週土曜日(ただし3月20日、4月3日、5月15日を除く) 14:00~15:00
場所:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室(受付前に集合して下さい)
参加費:無料(美術館入館料は別途必要です)
※予約無しで参加頂けます。



【おちゃかい?】


美術館の茶室で行う、「世界の向こう側」をテーマとしたレクチャーシリーズです。
ナビゲーター:小山田徹(美術家)
日時:5月22日(土)、23日(日) 14:00~16:00
場所:アサヒビール大山崎山荘美術館 茶室
参加費:無料(美術館入館料が別途必要です)
定員:各回15名 ※事前のご予約が必要です。

《申し込み方法》
申し込み用紙(公式ホームページからダウンロードできます)に
参加希望日、氏名、住所 、電話番号、FAX番号をご記入の上、「おちゃかい?係」までFAXにてお申し込みください。



【大山崎春茶会】


毎年恒例の中国茶による茶会です。
日時:5月15日(土)、16日(日)11:00~16:00(受付は15:30まで)
場所:アサヒビール大山崎山荘美術館 庭園など
参加費:1000円(税込、お菓子・お土産付き)※入館料が別途必要です。
持ち物:お気に入りのお猪口ぐらいの茶杯をご持参下さい。
※ 予約無しで参加できます。
※ 雨天決行
※ 本件のお問い合わせ先 TEL:06-6361-6910 中國茶會・無茶空茶(主催)


 


※「大山崎山荘+聴竹居~大山崎のモダンライフ探訪」は全日定員に達しましたので受付が終了しております。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗