麻生三郎展

2011/01/05 ~ 2011/02/20


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館


絵画の本質を粘り強く研究し続けた画家、麻生三郎(あそう・さぶろう/1913-2000)。
彼の絵は一見したところ、とっつきにくいところがあるかもしれません。
けれども、見れば見るほど、彼の絵は多くを語りかけてきます。
時間をかけてじっくり味わう絵画。その豊かな世界をご紹介します。







『男』(1940,茨城県近代美術館蔵)

『子供』(1957,神奈川県立近代美術館蔵)

東京に生まれた麻生は、初めは前衛的な絵画に関心を持ちます。しかし1938年にヨーロッパを旅し、写実の重要性を再認識します。
1943年には靉光(あいみつ)、松本竣介(まつもと・しゅんすけ)らと共に「新人画会」を結成。当時はちょうど第二次世界大戦、太平洋戦争の只中にありましたが、戦時下の困難な状況においても、個としての表現を貫きました。
そして戦後は、《赤い空》の連絡に代表されるような、人間存在の核心に迫る表現を切りひらきました。

麻生の作品に描かれる人体は、周囲の空間に押しつぶされそうになりながらも、その存在を主張し、濃密なせめぎあいが画面に生まれます。
混沌とした画面から浮かび上がってくるその姿は、人がこの世に存在することのかけがえのなさを、見る者に訴えかけてくることでしょう。

麻生三郎がこの世を去って10年の歳月が流れました。
わかりやすさや表面的に綺麗でカワイイものがもてはやされがちな今日。だからこそ、麻生の重厚な作品世界は改めて見直す価値があります。
本格的な回顧展としては実に15年ぶりとなるこの展覧会では、初公開作品を含む油彩・素描・立体あわせて約130点を展示し、その今日的意義を探ります。


CHECK POINT

【関連イベント】講演会「麻生三郎の生活と作品」

展覧会に併せて、麻生三郎を語る講演会が開催されます。
ゲストは自身も麻生とほぼ同世代で活躍され、戦没画学生の作品を展示する「無言館」(長野県上田市)設立にも尽力された、画家の野見山暁治さんです。

日時:2011年1月22日(土) 14:00~15:30
講師:野見山暁治 氏(のみやま・ぎょうじ/画家)
会場:京都国立近代美術館 1階 講堂
※聴講無料、事前申し込み不要(定員100名)
※当日11:00より、受付にて整理券が配布されます

【会期中イベント】NFC所蔵作品選集 MoMAK Films@home「韓国映画上映」

京都で東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵の映画作品が鑑賞できる、「MoMAK Films」。
今回は韓国映画を特集します。
日本で映画を学び、戦後はインドネシア映画の父ともなった朝鮮人許泳(ホ・ヨン)。彼が「日夏英太郎」という日本名で監督した『君と僕』の貴重な発掘断片をはじめ、大日本帝国統治下の朝鮮で製作された、戦前の国策映画3作品を上映します。
また、仏教をモチーフにした韓国映画もピックアップ。戦後の代表作で、崔銀姫(チェ・ウニ)を大スターに押し上げた『心の故郷』、80年代コリアン・ニュー・ウェーブの象徴的作品『達磨はなぜ東へ行ったのか』を上映します。

日時:2011年2月11日(金・祝)、12日(土) 14:00~
会場:京都国立近代美術館 1階 講堂
料金:1プログラム 500円
プログラムの詳細、及びスケジュールはこちら

主催:京都国立近代美術館、東京国立近代美術館フィルムセンター
企画協力:川村健一郎・冨田美香(立命館大学映像学部准教授)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗