1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都dddギャラリー
  5. 第206回企画展 浅葉克己個展「アサバの血肉化」

第206回企画展 浅葉克己個展「アサバの血肉化」

2016/01/15 ~ 2016/03/19


【京都dddギャラリー】

京都dddギャラリー

Design: Katsumi Asaba, Photo: Kaoru Suzuki, Costume: Issey Miyake

京都dddギャラリー2016年最初の展覧会は、国内外で信望の厚いアートディレクター・浅葉克己氏による「アサバの血肉化」展を開催します。

浅葉氏は美術史家・山下裕二氏が日本美術の伝統と現代デザインをつなぐキーワードとして提唱してきた「血肉化」という概念にいたく共鳴し、早速自筆の書で「血肉化」としたためました。
「日本美術の豊饒な養分を、ガシガシと噛み砕いて、グッと飲み込んで、内臓からしっかり吸収して、血となり肉となるように活かしてくれるデザイナーが現れてほしい」という山下氏の期待を体現する浅葉氏。強烈な好奇心と向上心で古今東西、高尚なものからサブカル、ポップカルチャーまで、あらゆる事物を見聞きし咀嚼して、アサバデザインとして昇華させています。そしてそんなしなやかさの中には確かな頑なさも内包されています。

文字通り血肉化されて自身のものとしたデザインの数々が、有機的に変貌しながらggg(東京)、CCGA(福島)を経て、ここ京都でまた異なる姿をあらわにします。

衰えることを知らない創造欲、しつこいくらいの継続力、レタリングと書そして卓球で鍛えた身体力をベースに生みだされるアサバデザインを、次世代の若者たちに“血肉化”してほしい。そんな思いをこめた展覧会です。ぜひこの機会にご高覧ください。
 

浅葉克己

1940年神奈川県生まれ。桑沢デザイン研究所、佐藤敬之輔タイポグラフィ研究所、ライトパブリシティを経て、75年浅葉克己デザイン室を設立。以後アー トディレクターとして、日本の広告デザインの歴史に残る数多くの作品を制作。代表的な仕事に、西武百貨店「おいしい生活」、サントリー「夢街道」、武田薬 品「肉体疲労にAじゃないか」、キリンビバレッジ「日本玄米茶」パッケージデザインなど。中国に伝わる生きている象形文字「トンパ文字」に造詣が深い。
日宣美特選、東京TDC賞、毎日デザイン賞、日本宣伝賞・山名賞、日本アカデミー賞最優秀美術賞、紫綬褒章、東京ADCグランプリ、旭日小綬章など受賞多数。
東京TDC理事長、東京ADC委員、JAGDA会長、AGI(国際グラフィック連盟)日本代表、桑沢デザイン研究所10代目所長、東京造形大学・京都 精華大学客員教授。卓球6段。


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

日時:2016年1月15日(金)16:00~17:30
会場:京都dddギャラリー
出演:浅葉克己氏(出展作家/アートディレクター)、山下裕二氏(美術史家)
料金:無料
定員:60名(要予約)
※お申し込みはホームページ内の申し込みフォームよりご連絡ください。

【関連イベント】オープニングパーティ

日時:2016年1月15日(金)17:30~19:00
会場:京都dddギャラリー

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗