1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)
  5. 京都市立芸術大学大学院 絵画専攻油画 有志展「アートピーポーマッピン」

京都市立芸術大学大学院 絵画専攻油画 有志展「アートピーポーマッピン」

2012/07/19 ~ 2012/08/05


【京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)】

京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)

京都市立芸術大学絵画専攻油画に所属する有志18名による展覧会です。

現在、個別のテーマに基づき作品制作を行っている作家たち。
絵画というベースを共有しながら、各々の表現手段は、映像やインスタレーション、立体造形など多様化しています。そのため「絵画」という言葉ひとつをとっ
ても様々な解釈があり、互いの作品を批評し合う前提として、それぞれの用いる言葉の定義を明らかにする必要性が生じています。

この展覧会を企画するにあたり、出展作家たちはお互いの作品について意見交換し、理解を深めるための試みとして、アンケートやインタビューをもとにディスカッ
ションを行いました。それぞれの関心や問題意識を提示し合い、それについて各々の立場からの考えを話すことで、今まで気がつかなかった新たな視点や疑問が
生まれつつあります。

今回の展覧会は、同時代に同大学で、場所や時間を共有している各人が自分自身の立場をとらえなおす機会です。そして同時に、ここでは同じ「絵画」を扱いながらも生まれる差異をお互いに理解しようとする過程自体が、展覧会を構成する上で重要な意味をもつものでもあります。
その過程を広く公開し、問題を提示す
ることによって、更なる発見がもたらされることでしょう。

「絵画」が特有の魅力に惹かれ、深く表現を考えてきた作家たち。その探求の道筋を、鑑賞者と共にたどる展覧会です。また、展覧会と併せて開催されるトークイベントにおいては、学外の「アートピーポー(art people)」と関わることで、新たな視点からマッピング(mapping)されることも期待していま
す。

絵画を巡るそれぞれの立場からの多彩な表現の魅力をどうぞお楽しみください。

出展作家(敬称略)

黒崎香織、塩入ゆり、月本ちしほ、中西瑞季、比果彩、野原万里絵、基山みゆき、八木修平、吉田芙希子、岸本光大、佐藤紘子、嶋春香、篠原南、笹岡由梨子、新平誠洙、長谷川由貴、森下明音、藤井マリー

CHECK POINT

【関連イベント】出展作家とゲストスピーカーによるトークイベント

現在第一線で活躍する現代アーティストをゲストに迎えた、出展作家とのトークイベントです。
※聴講無料
※詳細につきましては、ギャラリーのFacebookページまたは特設サイトをご確認ください。

1)7月21日(土)14:00 – 美術家 黒川彰宣氏・岡田真希人氏
2)7月28日(土)14:00 – 美術評論家 清水穣氏
3)8月4日(土)16:00 – 美術家 森村泰昌氏×インディペンデント・キュレーター 遠藤水城

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗