1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
  5. アート&テクノロジー展 -高橋匡太/疋田淳喜/吉岡俊直-

アート&テクノロジー展 -高橋匡太/疋田淳喜/吉岡俊直-

2009/10/23 ~ 2009/12/04


【京都工芸繊維大学美術工芸資料館】

京都工芸繊維大学美術工芸資料館


それ自体が「技術」でもあるアートは、テクノロジーと豊かな関係を築いてきました。
現代美術が科学技術の可能性を広げる方法を示すこともあれば、科学技術の進歩によって、アートの新たな表現が生まれることもあります。
この展覧会では、そんな現代美術(アート)と科学技術(テクノロジー)の接点を、現代美術の最前線で活躍している三名のアーティスト、高橋匡太・疋田淳喜・吉岡俊直が様々なテクノロジーを通して実現する、個性豊かな作品群の競演を通して探ります。

高橋匡太は、公共建築へのプロジェクションや光と影が交錯する映像インスタレーションで世界的に活躍しています。
また、疋田淳喜は、少年少女科学クラブを名乗り、中学生レベルの理科の知識でも実現可能な装置を元に、化学反応や物理現象によって生じる光や音を作品にしてきました。今回、国内では初の個人名での参加となります。
そして吉岡俊直は、コンピュータを通して「版」の在り方を追究し続けています。黒ゴムに刷る版画から出発し、現在では立体や写真、実写とCGを合成した映像作品へと表現が広がっています。

アートとテクノロジーが出会って生み出される、気鋭のアーティストによる三者三様の表現の世界。
京都工芸繊維大学が目指すところでもある、「科学と芸術の出会い」をお楽しみください。


CHECK POINT

公開シンポジウム「アートとテクノロジーの接点」

展覧会に関連して、公開シンポジウムが開催されます。 作品を展示している作家、高橋匡太、疋田淳喜、吉岡俊直のお三方を迎えて、アートとテクノロジーの接点、「芸術と科学の出会い」を考えます。 日時:11月1日(日) 13:30~16:00 会場:京都工芸繊維大学 大学センターホール 基調講演:秋庭 史典(名古屋大学大学院准教授) パネリスト:秋庭 史典、高橋匡太、疋田淳喜、吉岡俊直 司会:平芳幸浩(京都工芸繊維大学美術工芸資料館准教授)


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗