1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
  5. アーキニアリング・デザイン展 -模型で楽しむ世界の建築-

アーキニアリング・デザイン展 -模型で楽しむ世界の建築-

2009/09/28 ~ 2009/10/12


【京都工芸繊維大学美術工芸資料館】

京都工芸繊維大学美術工芸資料館




建築は、その時代が求める美しさや崇高さ、生活の質を表現したり、またその時代が抱える問題を克服するための「技術」を背景に、デザインされ、つくられ続けてきました。



 「建築(アーキテクチャ)」は、設計や生産を支える技術、即ち「工学(エンジニアリング)」の部分と人々の目に触れる「デザイン」の部分からなっています。この展覧会では、これら「アーキニアリング・デザイン」に焦点を当て、それぞれの関係と歴史的な発展の歩みを膨大な模型作品によって概観します。



模型の制作を行ったのは、全国の建築を学ぶ学生たち。

古代ローマ時代の「パンテオン」やインカ文明の「マチュ・ピチュの石組み」などの古代建築から、広島の「厳島神社」といった伝統建築、完成まで14年もの歳月を要したシドニー の「オペラハウス」といった近代の名だたる名作、そして現代において世界の注目を集めた記憶に新しい「北京オリンピックスタジアム(鳥の巣)」、そして2011年 に完成予定の「新東京タワー(東京スカイツリー)」など、世界遺産建築から最先端の建築まで、時代を超えて私たちに強く訴えかける、技術的な創造性溢れる 約100作品が並びます。



過去から現在、そして未来の名建築が一同に会し、子供から専門家まで多くの方々が楽しみながら「未来の建築世界遺産」を考えることができる、充実した内容の展覧会です。


CHECK POINT

「君と建築の未来を語ろう!」---建築の未来がわかる、関連イベント開催。

【建築新人戦2009】
大学で建築を学ぶ3回生までの学生たちによる、建築コンテスト。
それぞれが所属する大学で取り組んだ課題設計作品を対象に実施するもので、一時審査を突破した入選作品を展覧会にて展示するとともに、二次公開審査会で最優秀作品を競い合います。
いわば、今後活躍が期待されるルーキー発掘の場。未来の名建築家たちの力作を、是非ご覧下さい。

日時:10月10日(土) 10:00~14:30(二次公開審査:10:00~12:00、表彰式・レビュー:13:00~14:30)
会場:京都工芸繊維大学 3号館 0311講義室


【記念シンポジウム「空間の力」】
建築とは、「空間」を作ることともいえます。
近年の科学技術の発展により建築の可能性は大いに広がりましたが、
一方でその「空間の質」は本当に豊かなものとなったのでしょうか?
人に感動を与えるのは建築そのものではなく、そこで全身で感じ取る「空間の力」ではないでしょうか?
一見、何でも「技術」でできるようになったと思われがちな現在。
「技術」によって私たちはどのような未来を築き、どのような「空間」を目指してゆくのでしょうか。
そんな、建築の未来像を、建築界をリードする二人のパネリストが大いに語ります。

日時:10月10日(土) 15:00~17:30
会場:京都工芸繊維大学 3号館 0311講義室
パネリスト:内藤 廣(建築家・東京大学大学院教授)、斉藤 公男(構造家・日本大学名誉教授)
司会:陶器 浩一(構造家・滋賀県立大学教授)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗