1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. 没後100年 青木繁展-よみがえる神話と芸術

没後100年 青木繁展-よみがえる神話と芸術

2011/05/27 ~ 2011/07/10


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館



わが国近代絵画史上「天才」と呼ばれ、幾多の名作を残しながらもわずか28歳でこの世を去った、明治の洋画家・青木繁。その没後100年を記念し、空前の規模と内容で、関西で初めての回顧展が開催されます。



明治の「浪漫主義」と呼ばれる時代を背景に、青木が弱冠22歳の若さで描いた作品『海の幸』は、日本の絵画史を代表する名作といっても過言ではないでしょう。そして発表当時は評価を得られなかった『わだつみのいろこの宮』をはじめとした神話や旧約聖書の物語など、青木は時空を超えた壮大な主題にも没頭します。当時としてはきわめて稀な、スケールの大きな画家であったことを忘れてはなりません。







青木の短い生涯は、経済的な不遇や健康上の不幸、愛と放浪のたびに加えて、きわめて強い自負心によって数々の逸話を生み出してきました。青木が残した作品も、所在不明のものを含めて約440点にのぼると考えられています。

今回の回顧展では、青木の生涯を

「画壇への登場―丹青によって男子たらん 1903年まで」
「豊饒の海―『海の幸』を中心に 1904年」
「描かれた神話―『わだつみのいろこの宮』まで 1904-07年」
「九州放浪、そして死 1907-11年」
「没後、伝説の形成から今日まで」

の5章に分け、油彩画約70点、水彩・素描160点、さらに多数の関連資料を含めて紹介。
まさに決定版というべき規模で、青木繁の再評価、そして彼の真の実像に迫ります。

CHECK POINT

【関連イベント】講演会


「青木繁をめぐる旅-伝説とゆかりの地を訪ねて-」


植野健造氏(石橋財団石橋美術館学芸員)
日時:2011年5月28日(土) 14:00~15:30
会場:京都国立近代美術館一階講堂
定員:100人(聴講無料、当日11:00から受付にて整理券を配布します)

「世紀末ロマン派の夢と苦悩」


講師:高階秀爾氏(大原美術館館長)
日時:2011年6月18日(土) 14:00~15:30
会場:京都国立近代美術館一階講堂
定員:100人(聴講無料、当日11:00から受付にて整理券を配布します)

【関連イベント】青木繁展 親子ナイトツアー

親子で夜の美術館を探検してみよう!学芸員による主な展示作品のわかりやすい解説を中心とした、いつもと違った雰囲気で楽しめる、ナイト・ミュージアム・ツアーです。
日時:2011年6月11日(土) 17:45~19:00
会場:京都国立近代美術館3階
定員:小学生の親子20組
参加費:無料
解説者:山野英嗣(当館学芸課長)
※事前申し込みが必要です。

申込方法


「郵便はがき」または「FAX」のいずれかでお申し込みください。
郵便番号・住所・参加希望人数(保護者も含めて4名まで)・参加者全員の名前・年齢・電話番号を明記し、
下記のあて先までお申込みください。

〒530-8251 毎日新聞社事業部「青木繁展 親子ナイトツアー」係
FAX:06-6346-8372

※お問い合わせ先 06-6346-8391(平日 10:00~18:00)
※5月27日(金)締切です。
※応募多数の場合は抽選となります。

MoMAK Films @ home 「外国アニメ映画上映」

京都で東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵の映画作品が鑑賞できる、「MoMAK Films」。
今回は『西遊記』ほか、中国、イギリス、ソ連・東欧、アメリカのアニメ映画を特集します。

日時:6月11日(土)・12日(日)午後2時~
会場:京都国立近代美術館1階講堂
料金:1プログラム500円
主催:京都国立近代美術館、東京国立近代美術館フィルムセンター
企画協力:川村健一郎、冨田美香(ともに立命館大学映像学部准教授)

※プログラムの詳細については京都国立近代美術館のホームページをご確認ください。 → こちら

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗