1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都東山青龍殿 落慶記念 国宝「青不動」御開帳

京都東山青龍殿 落慶記念 国宝「青不動」御開帳

2014/10/08 ~ 2014/12/23


京都・東山にある将軍塚。京都市内を一望できるビュースポットとして知られるこの場所に、新たなお堂「青龍殿」が落慶します。
これを記念し、青龍殿とそこにお祀りされる国宝「青不動明王二童子像(通称 ・青不動)」のご開帳が行われます。

青不動明王は、平安時代から大変厚く信仰されてきた仏様で、天変地異の災いを治めるとともに、煩悩を焼き尽くしさまざまな祈願を成就へと導くとされています。密教に登場する五色の不動明王のなかでも、青黒い体を持つ青不動はその最上位にあたります。
その青不動の姿を描いた今回ご開帳される国宝「青不動明王」は、日本三大不動のひとつに数えられる仏画で、平安時代に宮中から下賜されて以来、秘仏として青蓮院にて代々受け継がれてきたものです。火焔を背負い、童子を両脇に従えた憤怒の不動明王が濃い茶褐色の画面に描かれ、平安時代の仏画の最高傑作にふさわしい威厳と荘厳さをもち、炎の赤と体の青のコントラストが大変美しい作品です。
前回2009年に行われた創建以来の御開帳の際には、全国から37万人の方がお参りに訪れました。
今回は、その後行われた3年間の修理を経て初の御開帳となります。

御開帳の期間中は、毎日護摩を修し、「祈願」の成就を願う修法も執り行われます。
この機会に、秋深まる東山、将軍塚の自然とともに、「青不動明王」の強い力を感じながらお参りください。
 

会場・アクセス

青蓮院門跡(本院)
京都市東山区粟田口三条坊町69-1 (知恩院北隣)
【市バス】5・46・100系統にて「神宮道」下車、徒歩3分
【地下鉄】東西線「東山」駅下車、徒歩5分

将軍塚 青龍殿(青蓮院門跡飛地境内)
京都市山科区厨子奥花鳥町28
青蓮院門跡(本院)よりシャトルバス運行(30分毎/片道100円/8:30~20:30)
※10月12・13日は一部交通規制により変更がございます。詳細は公式サイトをご確認ください。
【徒歩】青蓮院門跡(本院)より約30分(山道となりますのご注意ください)
【タクシー】JR「京都」駅より約20分/地下鉄東西線「蹴上」駅より約6分


CHECK POINT

【同時開催】青蓮院門跡 青不動復元模写 初公開

将軍塚青龍殿での国宝「青不動明王」の御開帳に合わせて、
青蓮院の宸殿では、修理の過程で明らかになった事実をもとに、平安時代に描かれた当時の青不動明王の姿を復元した模写の初公開を行います。
絵師が2年がかりで取り組んだ復元模写は、青不動が描かれた平安時代当時の色彩が鮮やかに蘇っています。こちらもあわせてご覧ください。

※将軍塚青龍殿での御開帳とは別料金です。
※会期中、青蓮院門跡では夜間ライトアップも行われます。(10月24日から)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗