1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 世界遺産「アンコールワット展」アジアの大地に咲いた神々の宇宙

世界遺産「アンコールワット展」アジアの大地に咲いた神々の宇宙

2009/10/09 ~ 2009/11/03


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

「アンコール遺跡群」はカンボジア王国にある東南アジア最大規模の文化遺産で、1992年にユネスコの世界遺産にも登録されました。
この文化遺産は、600年にわたる栄華の大寺院、そこにはアンコール時代に製作されたたくさんのヒンドゥー教の神像や仏像が安置されていました。それらの彫像は、世界の最高傑作としても高い評価を得ています。

6世紀頃からこの地にはクメール民族によってアンコール王朝が開かれ、ヒンドゥー教、仏教の美術が花開きました。特に9世紀からはアンコールの地が王都となり、歴代の王によって神々を祀る寺院が数多く建立されました。この建造物の中でもっとも有名なものが、12世紀にスールヤヴァルマン2世(1113-50頃)によって創建された、世界の至宝「アンコール・ワット」です。

今回の企画展では、プノンペン国立博物館とシハヌーク・イオン博物館所蔵のアンコール王朝最盛期における彫像作品と民族工芸品を中心とした約60点を展示。
上智大学のアンコール遺跡国際調査団が2001年に発掘した仏像11点をはじめとした、本邦初公開の作品も多数含まれます。

アンコール王朝の歴史が書き換えられたという、その至高の精華が一同に。
ベールに包まれたその歴史に触れ、アンコール遺跡に息づく神々の息吹を感じられる展覧会です。


CHECK POINT

2001年に上智大学が発掘した「クデイ仏」など、日本初公開作品多数!

2001年、上智大学のアンコール遺跡国際調査団が、アンコール遺跡群のひとつであるバンテアイ・クデイ遺跡にて、270体以上の廃棄された仏像を発見しました。
仏像は大半が首と体が分かれてしまっていましたが、それらは丁寧に小さな穴の中に(中には体と首を合わせて)地下僅か50cmほどのところに埋められていたといいます。これは、嘗てこの地がヒンドゥー教の国となった際に破壊されてしまった仏像を、後に仏教徒の人々が埋めたのであろう、と考えられています。
この出来事は歴史的な発見として地元のみならず世界的に大きく取り上げられ、その発掘品はその後建設されたシハヌーク・イオン博物館に収められました。そのうち11点の仏像が、今回の展覧会にて本邦初公開となります。

また、ほかにも三島由紀夫が戯曲の題材にしたといわれる、砂岩の丸彫による大彫像『鎮座する閻魔大王ヤマ天』をはじめ、圧巻の大型彫刻や繊細な浮き彫り作品など日本では初公開となる作品が多数展示されます。

歴史的発見と言われる人類の至宝。是非、この機会にご覧下さい。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗