1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 宝鏡寺門跡
  5. 春季展 尼門跡の茶-宝鏡寺の名宝-

春季展 尼門跡の茶-宝鏡寺の名宝-

2010/01/07 ~ 2010/04/04


【宝鏡寺門跡】

宝鏡寺門跡


茶道資料館に程近い場所にあり、「人形の寺」として知られる尼門跡寺院・宝鏡寺(京都市上京区寺ノ内通堀川東入)。



「百々御所(どどのごしょ)」とも呼ばれるこの寺には、江戸時代には代々の内親王(皇女)が住持されていました。そのため、父君である天皇をはじめとした家族が住まう御所からは、寺に入った娘のために、と人形が多く贈られました。後に一般の人々からも供養のために人形が納められるようになり、今日まで親しまれています。

宝鏡寺には人形のほかにも皇女たちに関わる品々が数多く所蔵されており、幼少で入寺した皇女たちに御所から贈られた羽子板やかるた、天皇の御紋が入った茶道具、天皇や皇女たちの染筆等が大切に受け継がれてきました。
この展覧会では、茶道具を中心に、皇女たちによる和歌懐紙や絵図、実際に御使用になられた品を交えた宝鏡寺の名品約70点をご紹介します。


 











夕顔台子・皆具一式(後期展示)

夕顔溜平棗(七代中村宗哲作/後期展示)

今回は併設展として、近年茶道資料館の所蔵となった、屏風や画帖、印籠といった品々を公開する「茶道資料館新蔵品展」も開催されます。

また、同時期には宝鏡寺にても「春の人形展 幕末・宮廷の雅」展(1/9-4/3)が開催されます。


こちらでは幕末をテーマに、幼少時に宝鏡寺でお過ごしになったことがある皇女和宮の御遺愛品を中心に、幕末の宮廷美術が多数の雛や人形と共に展示されます。

皇室縁の名品の数々を通し、宮廷の雅の世界を楽しめる展覧会です。双方併せてお楽しみ下さい。

※展覧会は前期(1/7-2/21)、後期(2/23-4/4)の二期制です。前期・後期で展示替がございます。

※宝鏡寺での展覧会の詳細につきましては、宝鏡寺の公式ホームページをご覧下さい。


CHECK POINT

音楽と展示、実際の茶文化体験を併せて。---関連イベントのご案内

【茶道資料館コンサート「ハープの音色」】
今回、展覧会会期中にハープによるコンサートが開催されます。
この日は、通常16:30で閉館する茶道資料館も18:20まで開館時間が延長されます。
コンサートを楽しんだ後に、展覧会も併せて楽しんでみては如何でしょうか。

日時:2/26(金) 18:00開場・18:30開演(約40分予定)
開場:裏千家センター1階ホール
料金:茶道資料館の入館料のみ ※先着100名
出演:内田 奈織 氏(ハープ奏者)、木場 大輔 氏(胡弓)
事前のお申し込みが必要です。電話かFAXにて、直接施設までお申し込み下さい。

【茶道体験コーナー】
展示期間中は、初心者の方を対象とした茶道体験コーナーが設けられます。
講師による分かりやすい指導と共に、自分で抹茶を点てる体験ができます。
宮廷の茶文化を楽しんだら、今度は自分でお茶の文化に親しんでみては如何でしょうか。

時間:開館日の10:00~、11:00~、13:00~、14:00~、15:00~ (1回約1時間、20名まで)
料金:茶道資料館の入館料のみ
事前の予約が必要です。ご希望の日の一週間前までに施設までお電話にてお申し込み下さい。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗