1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 大谷大学博物館
  5. 2010年度春季企画展 大谷大学のあゆみ「赤レンガの学舎」

2010年度春季企画展 大谷大学のあゆみ「赤レンガの学舎」

2010/04/01 ~ 2010/05/22


【大谷大学博物館】

大谷大学博物館

大谷大学博物館の春季企画展では毎年「大谷大学のあゆみ」をテーマに、大谷大学の歴史の様々な場面を紹介しています。
大谷大学の歴史は、寛文5年(1665)に東本願寺の学寮創立にはじまります。江戸時代より多くの学僧を育ててきた学場は、明治34年(1901)に東京巣鴨で開学した「真宗大学」という近代的教育機関へと移行しました。その後大正2年(1913)、現在の京都小山の地に移り、赤レンガの学舎が建築され、「真宗大谷大学」として新たに出発します。さらに大正11年(1922)に大学令による大学として「大谷大学」が設立されました。
今回の春季企画展は、赤レンガの学舎の建築から大谷大学設立の過程までを「『真宗大学』から『真宗大谷大学』へ」、「青写真にみる赤レンガ」、「大谷大学の設立と『樹立の精神』」の三つのテーマによって紹介します。赤レンガの学舎で築き上げられた近代仏教研究によって大谷大学はその一大拠点となり、世界に仏教を発信してきました。これらを担った先師たちの大いなる活躍に迫ります。


 


展覧会の見所を動画でご覧いただけます。


CHECK POINT

レトロな赤レンガ学舎が見た学校の歩み。

展覧会タイトルにもなっている「赤レンガの学舎」。
これは、大谷大学のキャンパス内に現在もあるシンボル的な建物「尋源館(旧本館)」のことです。
大正2年(1913)年に建てられたもので、国の登録有形文化財にもなっています。

赤レンガに白い御影石があしらわれ、明治のヨーロッパ風建築によく見られるルネサンス式デザイン。大正期のセセッション(ウィーン分離派)風の意匠も見られます。
仏教系の大学の建物としてはちょっと意外な感じも受けますね。
かつては大学院生にならないとここで授業が受けられなかったそうで、まさに憧れの的だったようです。

展覧会では、貴重な校舎の建築に関わる資料や写真などを展示。また、当時の周辺の様子を捉えた写真や、ここで研究活動を行っていた人々を偲ばせる卒業写真や本、資料類なども展示されます。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗