1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. アニエスベー フォトコレクション【KYOTOGRAPHIE 特別共同企画】

アニエスベー フォトコレクション【KYOTOGRAPHIE 特別共同企画】

2017/04/26 ~ 2017/05/14


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

1975年にファッションブランドを設立以来、世界中の人々を魅了してやまない世界的デザイナー、アニエスベー。 ファッションに限らず、アートや映画、音楽との関わりも深く、有名無名に関わらず、多くのアーティストと様々なプロジェクトを世に生み出しています。
その一方、アニエスベーの非営利財団および基金「アニエスベーとして知られるアニエス・トゥルブレ」やパリの「ギャラリーデュ ジュール」では、数々の若手アーティストから著名アーティストの作品を発表、また名だたる現代アートの作品を多数所有しています。

この展覧会は、京都市内で毎年開催される「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」とのゴールデンウィーク特別共同企画として、美術館「えき」KYOTOにて開催するスペシャルエキジビションです。
今年のKYOTOGRAPHIEのテーマ「LOVE」にちなみ、アニエスベーが30年以上収集し続けている現代アートコレクションの中から、彼女自身がセレクトした写真作品約70点を展覧します。アニエスベーが作品を収集している作家の傾向について、彼女は「『若者に対する思入れが強く表われている。それはもちろん、年齢的な若さを意味せず、探し求めている人々、確信を持てずにいる人々、疑いの中にある人々、つまり心の状態や物事の見方における若さを持ち続ける人々のことだ』と語っています。その中には有名作家も多く含まれていますが、アニエスベー独自の審美眼によって選ばれた知られざる傑作も見ることができます。
会場構成も自らが行うなど、アニエスベーの思いが込められた貴重な展覧会をぜひご覧ください。
 

出展予定作品

アンリ・カルティエ=ブレッソン/オリヴィア・ビー/ジャック=アンリ・ラルティーグ/セイドゥ・ケイタ/デニス・ホッパー/ナン・ゴールディン/マーティン・パー/マリック・シディベ/ライアン・マッギンレー 他(計24名)
 

アニエスベー プロフィール

フランス・ヴェルサイユ生まれのファッションデザイナー。美術館学芸員をめざし、ヴェルサイユ美術学校に通うほどアートに関心が強かった。1964年からファッション誌「ELLE」の編集部で働く。1975年にファッションブランドを立ち上げ、世界中に店舗を展開。チャリティー活動も精力的に行っており、非営利財団および基金「アニエスベーとして知られるアニエス・トゥルブレ」や「ギャラリー デュ ジュール」を設立。アニエスベーのアートコレクションの管理と一般公開を行うと同時に、芸術の文化のための公共施設を作ることを目的としたこの財団は、メセナ活動と文化・芸術活動、社会的人道的活動、エコロジーと環境保護における支援も行っている。


CHECK POINT

【関連イベント】KYOTOGRAPHIE インフォメーションブース(ジェイアール京都伊勢丹2階)

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭の期間中、ジェイアール京都伊勢丹2階にインフォメーションブースが開設。
各会場の案内のほか、KYOTOGRAPHIEのオリジナルカタログ、パスポートチケットなどの販売を行います。ぜひご利用ください。

開設期間:4月14日(金)~5月14日(日)
※入金取り扱いは現金のみ
※ご優待各種は対象外となります。予めご了承ください。
※KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭についての詳細はこちら

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗