1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都大学総合博物館
  5. 秋季企画展「京都大学総合博物館学術映像博2009」

秋季企画展「京都大学総合博物館学術映像博2009」

2009/08/05 ~ 2009/12/13


【京都大学総合博物館】

京都大学総合博物館

映像はその誕生以来、森羅万象のさまざまな物事を記録・保存してきました。マクロとミクロの次元で、空間や物理的に人間の肉眼ではとてもとらえることのできないようなイメージも、映像は記録し、私たちに伝え続けています。

また近年、映像機器やメディアは技術的に急激に進歩し、映像をより精緻に操作できるようになりました。これにより、人間社会の時間軸・わたしたちの認識や感覚に沿って記録された動画を、ほかのさまざまな生物の認識や感覚レベルに合わせて調整する試みさえも可能になりました。これは学術の知的な営みの幅を従来以上に拡大しています。
また、映像は記録や保存・分析のためのツールの枠を超えて、様々な研究分野と社会をつなぐメディアとして、そしてコミュニケーションや表現の手段としても、その可能性を広げ、学術を新たな展開に導こうとしています。  

 

この企画展は、そうした状況を受けて、研究の過程で生まれている豊富な映像と、それに関わる研究者の実際の研究内容を広く紹介し、学術と映像の関係を改めて考える試みとして企画されました。

日々の研究過程で生み出され、蓄積され続けている映像を「学術映像」として捉えなおし、「のこす」「よみとる」「あらわす」という三つのキーワードで紹介。他人に見せるために撮影されたものではない、通常は公開しないような、普段はなかなか見ることのできない研究用映像も上映されます。
また、上映される映像を見るだけではなく、研究者と触れ合えるトークイベントやワークショップも開催。フィナーレでは、「学術映像コンペティション」の入選映像の上映も行われます。
 

映画と違い、物語性を見出せるようなものではない映像ですが、その美しさに目を奪われたり、予想もしない組み合わせに驚かされたり、研究の魅力を感じて知的好奇心・探究心をかきたてられたりすることもあるでしょう。
映像という無限に広がるもうひとつのイメージの宇宙。これのもたらす未来を、「学術」という切り口から考え、旅する"博覧会"です。


CHECK POINT

特集展示:そのときだけの期間限定上映も有り!

展覧会期間中は、一定期間毎にテーマ別の特集展示が行われています。
中にはその日・期間にしか見られないような映像も有り。
また、実際に映像制作に関わった研究者やスタッフの方の裏話やコンセプトを聞けるトークイベントや、見るだけでなく自分で体験できてしまうワークショップなども期間・テーマ毎に随時開催されています。
※詳しい上映作品や上映時間、イベントの内容につきましては、公式ホームページをご覧下さい。
※いずれも、水曜日~日曜日の期間毎にテーマが変更されます。

<特集01>学術映像博オープニング:8/5~8/9
<特集02>Africaいろどり館:映像と五感で感じるアフリカ!:8/12~8/16
<特集03>映像で見る南極観測:8/19~8/23
<特集04>生き物をめぐるイメージ‐野生動物・海洋生物と動物行動学:8/26~8/30
<特集05>科学情報の可視化ー観測・実験データとシミュレーション技術のつくる映像の世界ー:9/2~9/6
<特集06>登山・探検からフィールド医学へ:9/9~9/13
<特集07>生命科学の動き:9/16~9/20
<特集08>人類学映画特集:9/23~9/27
<特集09>自然と暮らし:9/30~10/4
<特集10>無意識・文化・コンピュータ映像:10/7~10/11
<特集11>地域ドキュメンタリー映画上映―中東・アルジェリア:10/14~10/18
<特集12>映画・映像祭、映像番組と大学の今後:10/21~10/25
<特集13>映像と写真でみる東洋学:10/28~11/01
<特集14>地域と地域イメージ:11/04~11/08
<特集15>医学におけるイメージングとビジュアリゼーション:11/11~11/15
<特集16>さまざまなかたち―四次元の世界:11/18~11/22

★学術映像コンペティション優秀作品上映:フィナーレで学術映像の最前線を体感!

展覧会のフィナーレ、期間最後の2週間は、事前に募集されていた「学術映像コンペティション」の国内外のさまざまな学術分野から応募された学術映像の入選・準入選作品が上映されます。
12月10日には、受賞者を招いての授賞式も開催。
映像博のクライマックス、学術映像の最前線を体感してみては如何でしょうか?

期間:11/25(水)~11/29(日)、 12/02(水)~12/06(日)
※12/10(木)は「学術映像コンペティション」の授賞式を開催

展示で様々な研究分野の最前線を体感。

映像作品の上映と共に、様々な分野の研究内容も展示されます。
内容も音声によるイメージ力や映像のトリックを利用したものや海の中や宇宙・人間の脳など普段は見ることのできない世界を映したもの、自然の中に生きる動物の世界など実に多様。
普段はなかなかわからない未知の世界、学術研究の最前線を実際に体感できる、好奇心がシゲキされる展示が満載です。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗