1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国際マンガミュージアム
  5. サンデー・マガジンのDNA―週刊少年漫画誌の50年

サンデー・マガジンのDNA―週刊少年漫画誌の50年

2009/10/10 ~ 2009/12/20


【京都国際マンガミュージアム】

京都国際マンガミュージアム


1959(昭和34)年3月17日。

この日、日本漫画史に輝かしい歴史を刻む「週刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年マガジン」(講談社)が創刊しました。

奇しくも全く同じ発売日、編集部の人数まで全く同じという状況で生まれた両誌は、まさに宿命のライバルといっても良い存在。
以来半世紀の間、両誌は互いに抜きつ抜かれつ、競い合いながらそれぞれの個性を生み、ドラマチックな作品を世に送り出し、少年マンガを進化させ続けてきました。
その様は、まるでからみ合う二重らせんのDNAを思わせます。

この展覧会はその両誌の創刊50年を記念して開催されるものです。







時代をリードした歴史的名作から現在の人気作品まで、両誌を代表する100作の原画を一堂に集めて展示。
原画からは、印刷後ではわからない作画時のタッチまで伝わってきます。
その他、当時の掲載誌や、おもちゃ・関連グッズ、実際に先生方が制作に使っている道具類なども出品されます。
「巨人の星」「あしたのジョー」 の原作者である梶原一騎の直筆原稿や、「タッチ」「H2」のあだち充のアイデアノートなど、ここでしか見られない貴重な資料も多数。
また、「ボクシング」「ラブコメ」「野球」など、両誌から生み出された各要素にスポットを当てるなど、様々な面から「サンデー」と「マガジン」が紡いできた、少年マンガ50年の歴史と社会・文化に与えた影響を振り返ります。

「サンデー」「マガジン」が駆け抜けてきたこの50年は、まさに歴史上特筆すべき速さで社会が変わってきた激動の時代。
それでも、週刊漫画雑誌は、今も子供たちの心をしっかりと掴んでいます。
私たちと同じ時間を歩んできた「少年マンガ」を通して、日本の歴史、そして自分自身の時代も振り返ることが出来る、これまでにないユニークで見ごたえたっぷりの展覧会です。



 


CHECK POINT

主な展示内容― 単なる「マンガ展」にあらず!激動の50年間を、「少年マンガ」で振り返る。

単なる「マンガ展」という枠にはとどまらない、今回の展覧会。 その内容を、少しだけご紹介します!


・50年間の歴史を振り返る年表展示 ・ 原画展示


両誌から100作品の原画を展示。(一部は複製原画・期間中に展示替される作品がございます)
印刷ではわからないペンのタッチや墨のムラなど、実際の制作風景や作者の思いが伝わってくるのは、生の原稿ならではのものです。


・特集コーナー


手塚治虫や藤子不二雄といった巨匠たちにスポットを当てた「トキワ荘のマンガ家たち」、スポ根(スポコン)、ラブコメなど独立したジャンルを生み出した作品に迫る「『あしたのジョー』と『巨人の星』」「『タッチ』と『うる星やつら』」など、様々な切り口から少年マンガを見つめる4つの特集コーナーが組まれます。
また、実際に制作で使われている道具や漫画を生み出す前段階のノートなど、普段は見ることの出来ない、「マンガの裏側」のわかる品々も数多く公開されます。


・読書コーナー


連載作品の単行本約500冊が自由に閲覧可能。
青春のあの日がよみがえる往年の名作から、今日の人気作品まで、大人も子供も一緒に楽しめること請け合いです。


他、当時の実際の掲載誌や関連グッズなども250点以上展示。
展示した100作品の原画と作品紹介、コーナー解説や、マガジン・サンデー両誌の人気作家、赤松健(『ラブひな』『魔法先生ネギま!』)と畑健二郎(『ハヤテのごとく!』)の特別対談などを収録した展覧会図録(予価:2000円)も限定販売されます。


関連イベント---あなたの知らない「少年マンガ」がここに!

【研究講座】


■あなたの知らない少年マンガ誌の世界


少年マンガ誌にはこんな楽しみ方があった!
知られざる名作・怪作や、誌面の隅々まで、メディアとしての「少年マンガ誌」の魅力を解剖します。
出演:大西祥平(マンガ原作・評論、京都精華大学マンガ学部講師)、堀部篤史(恵文社 一乗寺店 店長)
日時:2009年11月15日(日) 14:00~15:30
会場:京都国際マンガミュージアム 3階 研究室1


■サンデー・マガジンの謎はすべて解けた!!


サンデーVSマガジンのライバル関係から生まれた「少年マンガ」の歴史を解き明かします。
出演:斎藤宣彦(編集者・本展監修者)
日時:2009年12月5日(土) 14:00~15:30
会場:京都国際マンガミュージアム 3階 研究室1


【クイズラリー】


■サンデー・マガジンのひみつ


サンデー・マガジンの人気キャラクターの秘密について、特別展会場内からヒントを得て秘密を解き明かしていくクイズラリーイベントです。
日時:会期中毎日 10:00~18:00(受付は17:30まで)
会場:京都国際マンガミュージアム 2階 特別展開催会場
料金:無料 ※この特別展の観覧券が必要です。


【トークショー】


■島本和彦トークショー


80年代の少年マンガ誌を鋭く批評する半自伝的作品「アオイホノオ」で話題の熱血マンガ家・島本和彦先生が、少年マンガを熱く語ります。
出演:島本和彦(マンガ家、『炎の転校生』『アスカ@未来系』作者)
司会:ササキバラ・ゴウ(マンガ編集・評論)
日時:2009年11月21日(土) 14:00~16:00 ※当日10:00より整理券を配布します。
会場:京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール


【その他】


■京都国際マンガミュージアム研究員による展示解説


日時 2009年10月18日(日)、11月1日(日)、15日(日)、29日(日)、12月13日(日):13:00~(約40分)
会場:京都国際マンガミュージアム 2階 特別展開催会場
料金:無料 ※この特別展の観覧券が必要です。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗