1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 清水三年坂美術館
  5. 印籠百展 ― The Myriad World of Inro ―

印籠百展 ― The Myriad World of Inro ―

2012/02/24 ~ 2012/05/20


【清水三年坂美術館】

清水三年坂美術館


「印籠」はもともと印鑑や朱肉を入れておく為の箱でした。
それが腰に提げて持ち歩くよう
になり、さらに武士達が戦場に出かける際、中に薬を入れるようになったと言われています。

江戸時代中期になると、その便利さ故に町人の間でも流行し、旅の必需品として男女を問わず使
われるようになります。さらに江戸後期になると、豪華な蒔絵で装飾された印籠が、男女のお洒落を演出する小道具として日常使われるようになりました。
幕末・明治になると提げて歩くのがもったいない程の名品が作られるようになり、印籠は
美術品と化し、一人で数十点の印籠を集める人も多く出てくるようになります。

今回の展覧会では世界中で最も高い評価を受けている、柴田是真、白山松哉をはじめ、観松斉
(飯塚桃葉)、塩見政誠、山本春正、原羊遊斎といった名工達の最高傑作を中心に、世界一
の印籠コレクションを誇る清水三年坂美術館所蔵の名品を展示します。
CHECK POINT

【関連イベント】特別鑑賞会「印籠の名品を愛でる」

大正時代創建の元お茶屋の座敷「津田楼」にて、清水三年坂美術館に収蔵されている印籠作品を、実際に手に取ってご覧頂ける特別鑑賞会を行います。

解説:村田理如(清水三年坂美術館館長)
日時:2012年3月24日(土)11:00~14:00
参加費:8,000円(税込・前納制) 昼食・当館入館券付
持ち物:マスク

会場:「津田楼」 http://tsudaro.com/
【アクセス】
京阪「祇園四条」駅もしくは阪急「河原町」駅下車、徒歩5~10分。
京都市バス「祇園」下車、徒歩5~10分。

申込方法


お名前、ご住所、電話番号、同行人数、同行者名をご明記の上、E-mailまたはFAXにてお申し込みください。
美術館受付でも申し込み可能です。

※予備日を3月25日(日)に設けております。
  参加人数が8名以上に達する場合は、開催いたします。ご希望の方はお問い合わせください。

【関連イベント】ギャラリートーク

村田理如館長が直接ご案内・解説をして下さいます。
特別展である本展はもちろん、常設展も一緒に、
実際に展示されている作品を見ながらのギャラリートーク形式です。
※参加者多数の場合は先着優先となりますので、ご了承ください。

日時:2012年4月22日(日)14:00~15:00
料金:参加無料(美術館への入場料は必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗