1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. ユトリロとヴァラドン 母と子の物語-スュザンヌ・ヴァラドン 生誕150年-

ユトリロとヴァラドン 母と子の物語-スュザンヌ・ヴァラドン 生誕150年-

2015/09/11 ~ 2015/10/18


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

孤独な息子と奔放な母…
パリの風景を詩情豊かに描いたモーリス・ユトリロ(1883-1955)と、ユトリロの母で画家のスュザンヌ・ヴァラドン(1865-1938)の展覧会です。 日本でも人気を誇る二人の親子関係を交えながら、油彩を中心に、ユトリロの作品約40点とヴァラドンの作品約40点を展示します。
 

モーリス・ユトリロ

パリ・モンマルトルに生まれる。父親は不明。7歳のときにスペイン人ジャーナリストのミゲル・ウトリーリョ(ユトリロ)・イ・モルリウスが息子として認知し、“モーリス・ユトリロ”となる。絵画と恋愛に忙しい母に代わり、幼いユトリロの世話は祖母の仕事であった。貧しい環境の中、10代の頃から飲酒癖があり20歳でアルコール依存症のため入院。治療の一環として医者に薦められたことが絵を描くことだった。
 

スュザンヌ・ヴァラドン

お針子の娘として、フランス中部リモージュ近郊に生まれる。父親は不明。幼い頃にパリに出てサーカスの曲芸師をしていたが、空中ブランコから落下し怪我をしたため退団。その後、ルノワールやロートレックといった著名な画家たちのモデルを務めた。ロートレックや作曲家エリック・サティとの恋愛関係、18歳で父親のわからない息子(ユトリロ)を出産し、49歳で21歳年下の男性と再婚するなど、彼女の自由奔放でエネルギッシュな生き方はもちろんのこと、ドガが絶賛した確かなデッサン力や個性的な裸婦像の作品も、圧倒的な存在感を示している。
 

ユトリロとヴァラドン 略年譜

1865年 ヴァラドン生まれる。
1869年 ヴァラドン、母親と共にパリへ移る。
1880年 ヴァラドン、サーカスの曲芸師となるが退団。画家のモデルとなる。
1883年 ユトリロ生まれる。ヴァラドンはこの頃から絵を描きはじめる。
1896年 ヴァラドン、実業家のポール・ムジスと結婚する。
1904年 ユトリロ、アルコール依存症の治療のため絵を描きはじめる。
1914年 ヴァラドン、ユトリロの友人で21歳年下のアンドレ・ユッテルと再婚する。
1935年 ユトリロ、リュシー・ポーウェルと結婚する。
1938年 ヴァラドン死去。
1955年 ユトリロ死去。


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

日時:2015年9月20日(日)11:00~/14:00~(各回約30分)
講師:潮江宏三氏(京都市美術館館長)
※事前申込不要・参加無料(ただし、入館券は別途必要です)
※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※混雑した場合は、入館制限をさせていただく場合がございます。
※やむを得ず、イベント内容が変更または中止となる場合がございます。予めご了承ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗