1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都文化博物館
  5. ターナー 風景の詩

ターナー 風景の詩

2018/02/17 ~ 2018/04/15


【京都文化博物館】

京都文化博物館

イギリスを代表する画家、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1851)。彼は風景画の歴史の中でも最も独創性を発揮した画家のひとりであり、嵐の海や崇高な山、穏やかな田園風景といった自然の多様な表情、そして古代ローマなどをテーマとした歴史風景画などを、卓越した技法で描きました。光と空気に包まれた革新的な風景表現は、今日でも多くの芸術家にインスピレーションを与えています。特にターナーの水彩画は、明治時代の日本で起きた水彩画ブームにおいて憧れの的であり、夏目漱石の小説にもターナーの名がしばしば登場しています。

ロンドンに生まれたターナーは、20代の若さでイギリス美術の最高権威であるロイヤル・アカデミーの正会員となり、イギリス国内はもちろん、フランスやスイス、イタリア、ドイツなどヨーロッパ各地を旅し、多くの風景画を描きました。また、詩集の挿絵や地誌に関する出版物など、多くの版画作品も手掛けています。

今回の展覧会では、スコットランド国立美術館群をはじめとするイギリス各地の美術館と日本国内の美術館から選りすぐった魅力的なターナー作品を、「地誌的風景画」「海景」「イタリア」「山岳」の4つの章に分けて紹介。その多くが日本初出品です。イギリス美術研究の第一人者の監修による最新の知見をもとにターナー芸術を再考し、その核心と魅力に迫ります。

【作品画像】
(1)J・M・W・ターナー《ソマーヒル、トンブリッジ》 1811年展示 油彩・カンヴァス   エディンバラ、スコットランド国立美術館群 

CHECK POINT

【関連イベント】学芸員によるギャラリー・トーク

日時:2018年2月23日(金)、3月23日(金)各日18:00~(約30分)
料金:無料(ただし、展覧会の入場券が必要です)
※事前申込不要。当日の入場者のみ参加可能です。

【関連イベント】特別上映「ターナー、光に愛を求めて」

展覧会に関連して、ターナーの人生を題材とした映画「ターナー、光に愛を求めて」(2014年、イギリス/マイク・リー監督作品)の特別上映を行います。

日時:2018年3月20日(火)18:30~/3月21日(水・祝)13:30~、17:00~
会場:京都文化博物館 3階フィルムシアター
定員:各回160名
料金:2,000円(全席指定・チケット事前購入制)
※ローソンチケット(Lコード:56710)より、展覧会の入場券付き特別チケットを購入の上、ご参加ください。
※全席指定のため座席はお選びいただけません。
※定員に達し次第販売終了となります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗