1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京セラ美術館
  5. 京セラ美術館 2013年春季特別展「京都金工の美 The Te-WaZa(手技)金工×京セラ」

京セラ美術館 2013年春季特別展「京都金工の美 The Te-WaZa(手技)金工×京セラ」

2013/03/17 ~ 2013/04/20


【京セラ美術館】

京セラ美術館

【作品画像】
(1)小林達也「京都オパール嵌込透彫ティアラ」※京都オパール使用作品
(2)中嶋龍司「布目象嵌桜紅葉透かし模様香炉」※ファインセラミックス使用作品


京セラ美術館の2013年春季特別展は、京都金属工芸協同組合青年会のメンバーである若手作家による意欲作・約40作品を一堂に展示いたします。
この展覧会では新しい試みとして、京セラが展開する2つの素材「ファインセラミックス」と「京都オパール」を用い、青年会メンバーが新境地に挑んだ「ティアラ」「香炉」など8作品を初披露します。京セラの先進技術が生み出した素材と、長い歴史を有する金属工芸技術との融合によって生まれた新しい作品たちを通し、京都が育むモノづくりの力強さや伝統工芸品の美しさをご紹介すると共に、その将来性を感じていただければ幸いです。

また、会期中の3日間(3月17日、3月31日、4月14日、いずれも日曜日)には、作品の出品者である青年会メンバーによる作品解説会や、実際に彫金を体験できる体験教室を開催します。
この機会に、京都の伝統工芸の世界に実際に触れてみてください。
(解説会・体験教室については下記のCHECK POINTをご覧ください)

京都金属工芸共同組合青年会について

京都金属工芸協同組合は、1974年に金工品の品質・技術・意匠に関する共同研究や新商品開発を目的として設立されました。
以来、金工品の普及に長年努めるとともに、後継者の育成にも力を注いでいます。現在、京都市を中心に60事業所が加盟して活発な活動を行い、日本を代表する伝統工芸の技術を守り、育てています。
青年会には現在30余名の若者が所属し、鋳金、鍛金、彫金、錺金、七宝の分野で、新しい伝統を築くために精力的な創作活動を行い、過去にはニューヨークや東京ミッドタウンなどで展覧会を実施するなど活発な展覧活動を実施しています。

CHECK POINT

【関連イベント】作品説明会/彫金体験教室

作品説明会


作品の出品者である青年会メンバーが、展示作品の解説を行います。
※参加無料
日時:2013年3月17日、31日、4月14日(いずれも日曜日) 各日13:00~13:30

彫金体験教室


青年会メンバーの指導の下、実際に彫金を体験できます。
日時:2013年3月17日、31日、4月14日(いずれも日曜日) 各日14:00~15:00
定員:各回15名(先着順)
※小学4年生以上対象、参加無料
※事前申込制です。申込・お問い合わせは下記までご連絡ください。

申込・お問い合わせ

京セラ株式会社 文化事業課
TEL 075-604-3500(代)、075-604-3502(直)
イベント申込フォーム:https://contact.kyocera.co.jp/inquiry/art/input.html

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗