1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 特集展示「赤ってじつはどんな色?」

特集展示「赤ってじつはどんな色?」

2019/07/02 ~ 2019/08/12


【京都国立博物館】

京都国立博物館

赤色は、わたしたちにとって身近な色のひとつです。むかしの人も赤でさまざまなものをかざっていました。しかし、そこには今ではわすれられてしまった意味がこめられていたのです。

むかしの人にとって赤は、太陽や炎をイメージする特別なパワーを持った色と考えられていたようです。
古代のお墓に赤い化粧をしたはにわが立てられたのは、そのパワーを身につけるという意味があったのでしょう。神様用のお膳や仏様に赤色を塗ったように、赤は人々の祈りとも深く関係しているのです。

また、赤は様々な立場の人が身にまとった色でもあります。貴族の女性たちは、季節や気分に合わせて色とりどりの布を重ねて楽しみました。伝統芸能では、赤色の入った衣装を「色入り」と呼び、若い女性役が着る特別なものとしています。武士は赤色のものを身に着けることで自分の存在をアピールしていたと考えられています。

赤は焼物の装飾にも用いられました。土と炎から生み出される赤色の美しいグラデーションのうつわ。金色を背景に輝くもみじの絵。赤の彩りにもさまざまな種類があります。古くから中国の文化に憧れを持っていた日本では、中国で作られた赤い美術品も人気を集め、これらを真似した作品も作られていました。

この展示では、むかしのさまざまな美術品を通して、赤色にこめられた人々の思いやむかしの人の色のセンスを感じてみたいと思います。身近な色をきっかけに作品を楽しく鑑賞してみましょう。

【作品画像】
(1) 五彩麒麟花鳥文盤(京都国立博物館)
(2) 埴輪 帽子をかぶった男子(京都国立博物館)

【同時開催】特集展示「新収品展」

京都国立博物館では毎年、展示や研究に活用するため、美術品・文化財を計画的に購入しています。また、個人の方からの厚意により、作品を寄贈いただくこともあります。平成29~30年度に京都国立博物館が新たに収蔵した美術品・文化財の中から、工芸分野の陶磁、染織、漆工作品を中心に、約70件を紹介します。

開催期間:2019年7月2日(火)~8月4日(日)
※「赤ってじつはどんな色?」展とは終了日が異なります。


CHECK POINT

【関連イベント】関連土曜講座「赤ってじつはどんな色?」

日時:2019年7月13日(土)13:30~15:00
講師:安部 真里奈(京都国立博物館 研究員)
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂
定員:200名(予約不要・先着順受付)
料金:無料(当日の観覧券等が必要です)
※当日12:00より平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

【関連イベント】ギャラリートーク(お子さま向け)

お子さま向けのギャラリートークです。研究員と一緒にお話ししながら鑑賞しましょう。

日時:2019年8月4日(日)10:30~/14:00~(各回30分)
講師:安部 真里奈(京都国立博物館 研究員)
会場:京都国立博物館 平成知新館
定員:各回20名(予約不要・先着順受付)
料金:無料(当日の観覧券等が必要です)
※開始時間の5分前までに平成知新館1階グランドロビーにお集まりください

【関連イベント】関連土曜講座「新収品展」

「重要文化財 太刀 銘 国吉(号 小夜左庵国吉)について―鎌倉時代前期の山城鍛冶再考―」


日時:2019年7月6日(土)13:30~15:00
講師:末兼 俊彦(京都国立博物館 主任研究員)
定員:200名(予約不要・先着順受付)
料金:無料(当日の観覧券等が必要です)
※当日12:00より平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

海を渡った扇 ―橋本雅邦最後の大仕事―


日時:2019年8月3日(土)13:30~15:00
講師:福士 雄也(京都国立博物館 研究員)
定員:200名(予約不要・先着順受付)
料金:無料(当日の観覧券等が必要です)
※当日12:00より平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗