1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 琳派400年記念 植物園 de RIMPA「PANTHEON(パンテオン)-神々の饗宴-」

琳派400年記念 植物園 de RIMPA「PANTHEON(パンテオン)-神々の饗宴-」

2015/07/25 ~ 2015/10/25


2015年の琳派400年記念祭に関連し、現代日本を代表するアーティスト、ヤノベケンジ(現代美術作家)、増田セバスチャン(アートディレクター)、髙橋匡太(ライトアップ・アーティスト)によるアートプロジェクト展が京都府立植物園にて開催されます。

このプロジェクトでは、ヤノベケンジの手による3体の神々をモチーフにした巨大彫刻作品(風神・雷神・花の女神フローラ)を、植物園内の蓮や睡蓮の咲く「鏡池」に展示します。
「風神の塔」「雷神-黒い太陽」は、琳派の創始者の一人・俵屋宗達に始まり、尾形光琳、酒井抱一と描き継がれてきた琳派の代表作『風神雷神図』からイメージした作品です。ともに高さ5mの彫刻で、それぞれに竜巻や雷を発生させることができます。
そして「花の女神フローラ」は、ローマ神話に登場する花の女神・フローラを高さ8mに及ぶ巨大な少女の像として表現したもので、尾形光琳の『紅白梅図屏風』の意匠があしらわれています。装飾は増田セバスチャンが手がけた共作作品となっています。

展覧会は4章の物語仕立てで構成されており、5月に先行する序章として「雷神」が公開され、7月25日からは第1章として「フローラ」が、8月中旬からは第2章「風神」が登場し、3体の像がそろいます。
そして、9月中旬からは最終章として、増田セバスチャンによる「New Generation Planet」が展示されるほか、9月27日~10月11日の期間中には髙橋匡太によるライトアップが開催されます。

タイトルの「PANTHEON」は、ギリシャ語で「全ての神々」を意味します。
会場となる京都府立植物園の園内には上賀茂神社の末社「半木(なからぎ)神社」があります。そんな場所に、琳派誕生から400年の時を越えて現代のアーティストの手で新たな神々たちが降臨し、まさに「PANTHEON」の名にふさわしい空間を展開します。琳派の美学を継承し、流派や時空を超えたクリエイターたちと神々の饗宴を、どうぞお楽しみください。


CHECK POINT

【関連イベント】髙橋匡太によるライトアップ

金色の光をまとう「温室」、多彩な色が織り成す「光のくすの木並木」、みんなで作る夜景「ひかりの実」が、秋の夜の植物園を彩ります。

開催期間:2015年9月27日(日)~10月11日(日)夕刻

アーティストプロフィール

ヤノベケンジ


現代美術作家。1965年大阪生まれ。ユーモラスな形態に社会的メッセージを込めた大型機械彫刻を制作。近年は《ジャイアント・トらやん》や《ラッキードラゴン》など、火や水を用いた壮大なパフォーマンスを展開する。
東日本大震災後は、復興を掲げるモニュメント《サン・チャイルド》を国内外で巡回。その他にも、ビートたけしや吉本新喜劇とのコラボレーションなど領域横断的な活動を続けている。
現在、京都造形芸術大学ウルトラファクトリー・ディレクターを務める。

増田セバスチャン


原宿“kawaii”文化をコンテクストとしたアーティスト/アートディレクター。1995年に「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。その後きゃりーぱみゅぱみゅの「PONPONPON」MVの美術を担当し世界的に注目され、2014年には初個展「Colorful Rebellion-Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催した。現在、2020年に向けたアートプロジェクト「TIME AFTER TIME CAPSULE」を世界各都市で開催中。

髙橋匡太


1970年京都府生まれ。光や映像によるパブリックプロジェクション、インスタレーション、パフォーマンス公演など、幅広く国内外で活動を行っている。
東京駅100周年記念ライトアップ、十和田市現代美術館など大規模建築物のライティングプロジェクトは、ダイナミックで造形的な光と映像の作品を創り出す。多くの人と共に作る「夢のたねプロジェクト」「ひかりの実」など、参加型のアートプロジェクトも数多く手がけている。
第26回国民文化祭京都2011開会式・芸術監督。

【関連イベント】夜間展覧「三神夜覧」

8月13日(木)からの「風神」設置公開にあわせて、夜間展覧「三神夜覧」と題し、3作品が揃う時期に京都府立植物園の「鏡池」エリアの特別夜間開園が行われます。
増田セバスチャン氏による「花の女神・フローラ」に内蔵されたポップなLED電飾アートと、三つの神々のライティングを楽しめます。
夏の夜、夕涼みを兼ねてぜひお出かけください。

開催期間:2015年8月14日(金)・15日(土)、21日(金)~23日(日)、28日(金)~30日(日)
時間:各日18:30~20:00(閉門)
※一般入場時間の終了後一度閉園の後、再度開園する形式となります。
 通常は一般入場時間は18:00閉園ですが、
 28日(金)~30日(日)は17:00に一旦閉園となりますので、ご注意ください。

※このほか、8月16日(日)までは早朝開園、14日(金)~23日(日)は夕涼み開園を実施します。詳細は京都府立植物園のWebサイトなどでご確認ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗