1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都dddギャラリー
  5. 第205回企画展「ニッポンのニッポン ヘルムート シュミット」

第205回企画展「ニッポンのニッポン ヘルムート シュミット」

2015/11/09 ~ 2015/12/22


【京都dddギャラリー】

京都dddギャラリー

京都dddギャラリーでは、オーストリア出身のタイポグラファー/グラフィックデザイナー、ヘルムート・シュミットの展覧会を開催します。

ヘルムート・シュミットはスイスのバーゼルでタイポグラフィーを学び、現在は大阪を拠点に活動しています。大塚製薬の「ポカリスエット」「エネルゲン」、そして「IPSA」のロゴデザインは彼の代表作です。

24歳で大阪の地を踏んだシュミットは、1968年にスイスのティポグラフィシェ・モナーツブレッテル(TM)誌から、タイポグラファーの視点から見た日本のフォルムや暮らしの道具を紹介する連載記事の執筆依頼を受けました。これをきっかけに、シュミットは日本の道具に触れ、その道具を作る職人を訪ね、日本の文化について造形を深めていきました。そして、彼はこの活動を通じ、「私自身が理解している日本、すなわち、かつて存在した、そして今も存在している日本、さらにこれから発見されるべき日本を伝えたい」と思うようになったといいます。
このシリーズ記事は、連載から40年以上の時を経て、2012年に「Japan japanisch(ニッポンのニッポン)」としてドイツ語・英語・日本語で出版されました。

今回の展覧会は、この本「「Japan japanisch」をきっかけに企画されたものです。シュミットのフレッシュな目を通してみた日本の寡黙な美を、美しい言葉と美しい写真の数々、そしてタイポグラフィで紹介します。

この機会にぜひご高覧ください。

※展覧会にあわせ、書籍『gggBooks-119 ヘルムート・シュミット』の刊行を予定しています。
 

ヘルムート・シュミット

1942年オーストリア生まれ。西ドイツで植字工従弟期間を終了後、1960年代、スイスのバーゼルスクールで、モダンタイポグ ラファのエミール・ルーダーのもとで学ぶ。1970年代中頃、西ドイツで社会民主党のウィリー・ブラント、ヘルムート・シュミット両首相のための制作活動 に携わる。1980年、大塚製薬の医家向け医薬品のパッケージやポカリスエットのアイデンティティの確立。ヘルムート・シュミットは、現在大阪を本拠に、 商業デザインの仕事と並行して、自主制作に携わっている。1992年以来、自主制作シリーズ「タイポグラフィック・リフレクション」を発行し、現在11号 に至る。また、専門誌「ベースライン」「アイデア」「TM」等への寄稿者である。
著書:『タイポグラフィ・トゥデイ』(1980/2015年)誠 文堂新光社発行、『バーゼルへの道』(1997年)朗文堂発行。フィヨルド・ゲイコの編集、デザインによる『helmut schmid: design is attitude』が2006年ビルクホイザー社より発行。


CHECK POINT

【関連イベント】ヘルムート・シュミット ギャラリートーク

日時:2015年11月9日(月)16:00~17:30
講師:ヘルムート・シュミット(出展作家)
会場:京都dddギャラリー 会議室
定員:40名(要予約)
※逐次通訳有
※入場無料
定員に達しましたので、申込を終了いたしました

★ギャラリートークをYoutubeにてライブ中継いたします。
 ご来場いただけない方もぜひお楽しみください。
ライブ中継はこちらから

【関連イベント】オープニングパーティー

日時:2015年11月9日(月)17:30~19:00
会場:京都dddギャラリー

【関連イベント】京都造形芸術大学 情報デザイン学科特別講義
ヘルムート・シュミット「タイポグラフィとタイポグラフィ」

日時:2015年11月26日(木)17:00~18:30
講師:ヘルムート・シュミット(出展作家)
会場:京都造形芸術大学 望天館1階 B11ホール
定員:100名(予約不要・当日先着順受付)
※会場は展覧会と異なりますので、ご注意ください。
※逐次通訳有・入場無料

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗