1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)
  5. KYOTO EXPERIMENT 2016 AUTUMN 公式プログラム「マーティン・クリード」展

KYOTO EXPERIMENT 2016 AUTUMN 公式プログラム「マーティン・クリード」展

2016/10/22 ~ 2016/11/27


【京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)】

京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)

常に話題に事欠かない多彩な活動で国際的に活躍する、イギリス出身のアーティスト、マーティン・クリード。
彼は《Work No. 227(ライトが点いたり消えたり)》と題された、展示室の照明が5秒おきに明滅を繰り返すという作品で現代美術において最も重要な賞の1つであるターナー賞を2001年に受賞。その後も一貫して、ミニマルでコンセプチュアルな作品を発表しています。
規則的な動きを伴うそれらの作品はいずれもリズミカルなものであり、展示空間におさまることのない、パフォーマティブな作品をも手がけているのはごく自然な流れだと言えます。

関西初の個展となる本展では、最新作の映像を中心に、同じくKYOTO EXPERIMENT 2016 AUTUMN公式プログラムである劇場上演作品『Work No. 1020(バレエ)』と密接に関係するシアトリカルな展示を予定。彼の表現の本質が凝縮された展示と公演を同時に体験できる貴重な機会となるでしょう。
 

マーティン・クリード

1968 年イギリス ウェイクフィールド生まれ、ロンドン在住。 近年の主な個展にパーク・ア ベニュー・アーモリー(ニューヨーク、 2016 )、ヘイワード・ギャラリー(ロンドン、 2014 )、テ ー ト・ブリテン(ロンドン、 2013 )、アンディ・ウォーホル美術館(ピッツバーグ、 2013 )、 シ カゴ現代美術館( 2012 )、ニース近代現代美術館( 2011 )、モスクワ市近代美術館( 2010 )ほ か多数。 2001 年には《 Work No. 227 (ライトが点いたり消えたり)》でターナー賞を受賞。ミュージシャ ンとしても長年活動をしており、「 Thoughts Lined Up 」 (2016) 、「 Mind Trap 」 (2014) 、「 Chicago 」 (2012) 、「 Love to You 」 (2012) などのアルバムをリリースしているほか、その作品は MoMA (ニューヨーク)やテート(ロンドン)、クリーブランド美術館などに収蔵されている。ロン ドン大学スレード美術学校卒業。所属ギャラリーはギャビン・ブラウン・エンタープライズ とハウザー&ワース。


CHECK POINT

KYOTO EXPERIMENT 2016 AUTUMN 公式プログラム
マーティン・クリード『Work No. 1020(バレエ)』

イギリス在住の現代美術家にとって最も重要な賞の1つであるターナー賞を2001年に受賞したマーティン・クリードは、身の回りにある物を規則的に配置し、動かすことから、作品を生み出しています。クリードによってひとたび社会の文脈から切り離されたモノにまつわる反復や規則性は「リズム」として再提示されます。また、ミニマムな美を追求するかに見えて、いつの間にか鑑賞者を巻きこんでいくその作品は、ときに排泄や嘔吐といった生理的な行為にまで及び、議論を巻き起こすことも辞さない、ラディカルな側面も持ち合わせたアーティストです。

日本初演となる本作は、クラシックバレエの5つのポジションにダンサーの動きを限定した中で、会話やクリード自身の歌、映像作品も取りこみ舞台が進行します。幾何学的にコントロールされた舞台上の動きと、それを混ぜっ返すようなユーモアあふれる構成で楽しませる本作は、彼の多彩な活動が凝縮された作品といえます。

ダンス界の歴史に、平然と横やりを入れるかのような、あくまでもクリード自身の創作活動の延長から生まれた舞台作品。舞台芸術の見巧者たちにとっても、思わぬカウンターパンチとなるでしょう。

日時:2016年10月29日(土)20:00~/30日(日)14:00~
※30日は終了後にパフォーマンストークを予定

料金:【前売】一般 3,500円/ペア(前売のみ)6,500円
   【当日】一般 4,000円
※ユース・学生・シニア・高校生以下料金、各種セット券がございます。
※16歳未満入場不可
※詳細はKYOTO EXPERIMENT公式サイトにてご確認ください。

会場:京都府立府民ホール“アルティ”
詳細・お問合せ:KYOTO EXPERIMENT実行委員会(TEL:075-213-5839)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗