1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 没後60年 マリー・ローランサン展

没後60年 マリー・ローランサン展

2016/10/28 ~ 2016/11/27


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

マリー・ローランサン(1883-1956)は20世紀前半のパリで活躍した女性画家です。
彼女が描き出す優美で甘美な作品は、いつの時代も人々を魅了し続けています。

ローランサンは幼い頃から絵や詩に興味を持っていましたが、彼女がはじめに入った学校は名門女学校でした。やがて「画家になりたい」という思いが高まり、卒業後にアカデミー派の画家フェルナン・アンベールの画塾に入門します。

ローランサンは、そこで出会った画家ジョルジュ・ブラックによって魅力的な新造形の世界に導かれ、パブロ・ピカソらが住むモンマルトルのアトリエ「洗濯船(バトー=ラヴォワール)」に集う画家や詩人たちとも交流を深めました。その結果、彼女の画風は少しずつ変化していきました。新しさを探求する画家たちは、ローランサンにとって刺激的な存在だったでしょう。

しかし、彼女は次第にパリの芸術界から距離を置き、「自分らしさ」の追求に出ました。キュビスム時代の鋭い輪郭線は徐々に消え、そのスタイルは可憐で気品あふれるものへと変化し、色彩も柔らかく愛らしいパステルカラーを用いたローランサン独特の造形世界が生まれました。

変わりゆく時代の中で、常に自分自身と向き合った画家ローランサン。没後60年を記念して開催する本展では、マリー・ローランサン美術館が所蔵する油彩を中心とする約80点を紹介します。初期から晩年にいたるまで、常に新しい造形表現を探求し「自分らしさ」を追究したローランサンの創作世界をお楽しみください。


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

日時:2016年11月7日(月)・21日(月)各日 11:00~(約30分)
講師:美術館「えき」KYOTO学芸員
会場:美術館「えき」KYOTO
※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※混雑した場合は、入館制限をさせていただく場合がございます。

【関連企画】ポストカードプレゼント

会期中、お花のモチーフを身に着けてご来館の方先着300名にポストカードを差し上げます。(なくなり次第終了)
※ネックレスやピアス、ネクタイピン等のアクセサリーはもちろん、花柄の洋服やネクタイ等も対象となります。
※お一人さまにつき1枚進呈します。
※生花をお持ちいただいた場合は、入口でお預かりします。
※なくなり次第終了させていただきます。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗