1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
  5. 展覧会ポスターに見るマン・レイ展「Reflected」

展覧会ポスターに見るマン・レイ展「Reflected」

2016/11/07 ~ 2016/12/16


【京都工芸繊維大学美術工芸資料館】

京都工芸繊維大学美術工芸資料館

絵画・彫刻・写真・映像と幅広い分野で活躍したアメリカ人アーティスト、マン・レイ(1890-1976)。
彼はアメリカで画家としてキャリアを開始し、マルセル・デュシャンと知り合ったことをきっかけとしてダダやシュルレアリスム運動に接近。1921年に大西洋を渡りパリに拠点を移してからは、シュルレアリスム的なオブジェを制作するとともに、写真家として頭角を現していきました。

この展覧会では、多面的なアーティストであるマン・レイの作品および関連資料を多く所蔵する石原輝雄・純子コレクションより、マン・レイの展覧会ポスターにスポットを当てて紹介します。彼が活躍したフランス、母国アメリカ、ヨーロッパ他国、ならびに日本でこれまで開催されてきた数々の歴史的な展覧会の告知ポスターのデザインを通覧し、キュレーターやデザイナーたちがどのようにマン・レイを捉えてきたのか、一人のアーティストの表象がどのように通低しまた変化していくのかを探ります。ぜひご高覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】シンポジウム「マン・レイとシュルレアリスム」(関西シュルレアリスム研究会共同開催)

日時:2016年12月3日(土)13:00~
会場:京都工芸繊維大学美術工芸資料館 2階
出演:塚原史(早稲田大学法学学術院教授/ 會津八一記念博物館館長)
   松本和史(詩人)
   河上春香(日本学術振興会特別研究員(DC))
   木水千里(お茶の水女子大学グローバルリーダーシップ研究所研究員)
料金:無料(事前申し込み制)

申込方法


参加ご希望の方は、参加者氏名を明記し、メール(sympo123@jim.kit.ac.jp)にて美術工芸資料館へご連絡ください。
※なお、当日空席がある場合は12時より美術工芸資料館受付にて整理券を発行します。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗