絵を刻む MAYA MAXX 展

2013/06/01 ~ 2013/07/28


【何必館・京都現代美術館】

何必館・京都現代美術館

【作品画像】「静寂」2013年 (c)MAYA MAXX

絵画、絵本、デザイン、ライブペイントなど、ジャンルを超えた多彩な活動を行っているアーティスト、MAYA MAXX(マヤマックス)の制作の軌跡を10年に渡って紹介するシリーズ展。
27歳から独学で絵を描き始めたMAYA MAXXは、精力的な制作活動で多くの人に周知され、特に若い世代から支持を集めています。
2013年の3月には書道界の大きな賞である第8回手島右卿賞を受賞するなど、絵画の領域だけに留まらず、垣根を越えた表現は幅広い分野で高い評価を得ています。

物事の本質をすばやく射抜く力を持つMAYA MAXXは、表層にあるものを見るのではなく、その奥に潜む核心的なことをしっかりと捉え、制作に励んでいます。MAYA MAXXにとって日々生きることは、そのまま「描く」という行為にほかなりません。積み重なった作品こそが彼女の生き様であり、心に刻むということなのです。MAYA MAXXの作品には、表現する楽しさや喜びが溢れており、鑑賞者にもその熱い気持ちが伝わってきます。

今回で6回目を迎える何必館でのMAYA MAXX展では、古代文明や旧約聖書などをモチーフに描いた100号の大作や、一つの言葉から豊かなイマジネーションを得て描き出した作品など、新作約60点を展示します。
会期中には関連イベントとして、観客との対話型ライブペインティングやサイン会なども開催。日々絵と対峙し新たな創造に挑み続けるMAYA MAXXの作品を、この機会にぜひご高覧ください。

MAYA MAXX(マヤマックス)


1961年 愛媛県生まれ。早稲田大学教育学部卒。1993年にMAYA MAXXとしての活動を開始し、初の個展「COMING AND GOING」を行う。以後、大阪や名古屋などにて個展を開催。1999年の原宿ラフォーレでの個展では1万人以上の動員を記録し、若い世代を中心に大きな支持を集める。
美術館・ギャラリーでの展覧会だけでなく、書籍装丁画(吉本ばなな、山田詠美、北川悦吏子、夢枕漠、他多数)を手がける他、絵本の制作、CDジャケットやCM、テレビ出演など幅広い活動を行っている。
また、「対話の記録」と題し、観客と会話しながら描くという新しい形のライブペンティングを日本全国で開催している。
また、2013年3月には手島右卿賞を受賞し、書道分野でも高い評価を受けた。

何必館・京都現代美術館での展覧会は2008年の「For Tommorrow MAYA MAXX」展を皮切りに10年間に渡り毎年開催する予定で、今回で第6回目となる。
CHECK POINT

【関連イベント】ライブペインティング・サイン会

MAYA MAXX LIVE PAING in 新風館


MAYA MAXX本人が、会場の観客と言葉を交わしながら作品を制作する、対話型ライブペインティング。
MAYA MAXXの作品制作の過程を目の前で見ることができる貴重な機会です。

日時:2013年6月9日(日)、29日(日) 14:00~
料金:無料
会場:新風館(http://www.shin-puh-kan.com/)
京都市中京区烏丸通姉小路下る場之町586-2
アクセス:市営地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅下車、5番出口すぐ

ライブペインティング&サイン会


展覧会会場である何必館でも、ライブペンティングイベントを開催します。
日時:2013年7月7日(土)14:00~
会場:何必館・京都現代美術館(展覧会会場)

※詳細は施設までお問い合わせください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗