1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国際マンガミュージアム
  5. Kyoto MaGiC 展覧会「ショコラとバニラのクローゼット」

Kyoto MaGiC 展覧会「ショコラとバニラのクローゼット」

2013/03/20 ~ 2013/06/09


【京都国際マンガミュージアム】

京都国際マンガミュージアム

【画像】安野モヨコ「シュガシュガルーン」より © 安野モヨコ / 講談社

少女マンガにインスピレーションを得た衣装を制作するプロジェクト「Kyoto Manga Girls Collection(Kyoto MaGiC)」。
今年のテーマ作品は、安野モヨコによる魔法少女マンガ「シュガシュガルーン」です。

少女マンガ誌からファッション誌、青年誌までさまざまな媒体で活躍している安野さんの作品には、リアルなファッションが追求されています。なかでも「シュガシュガルーン」はマンガらしい夢のあるファッションが描かれる一方、現実のファッションとしてもあこがれる可愛らしさを併せ持っています。

今回はきものの図案を生かした衣服・バッグを制作販売している京都発のブランド「Pagong(ぱごん)」と、京都寺町にある隠れ家的ショップ 「Romance(ロマンス)」、そして一般公募で選ばれた5名が、作品中の衣装の再現や、作品からイメージしたオリジナル衣装を制作しました。

この展覧会では、3月3日(日)に開催されたファッションショーでお披露目された衣装を展示公開するほか、「シュガシュガルーン」連載当時の関連資料も併せて展示します。

安野モヨコ プロフィール

1971年生まれ。マンガ家。
1989年、高校在学中にデビュー。1995年に「ハッピー・マニア」(『FEEL YOUNG』/祥伝社)を連載開始。他の代表作に「ジェリーインザメリィゴーランド」「花とみつばち」「働きマン」などがある。
テレビドラマ化・アニメ化作品も多く、江戸の花魁を主人公とした「さくらん」は2007年に実写映画化された。
今回のテーマ作品「シュガシュガルーン」は初めて子供向けに描かれた作品。作中のファッションセンスは常に注目され、読者の絶大な支持を集めた。
その他「美人画報」ではイラストエッセイを連載し、マンガだけでなくその美意識の高さにも注目が集まる。

シュガシュガルーン

2003年~2007年に『なかよし』(講談社)に連載された魔法少女マンガ。魔界に住むショコラとバニラの親友ふたりが人間界に降り立ち、女王候補の座をめぐって対決する。恋愛模様のほか、作品に描かれる小物やファッションも話題を集めた。2005年にはアニメ化もされている。
CHECK POINT

展示衣装制作企業について

Pagong(パゴン)


大正時代から続く「亀田富染工場」の蔵に眠る膨大なきものの図案を用い、アロハシャツやカットソー、ワンピース
小物などを制作・販売する京都のブランド。古典的な和柄から、アール・ヌーヴォー調まで幅広い図案をそろえ、現代の衣服に粋に蘇らせています。
伝統的な京友禅の手法で作られる衣服は、色の調整や染めの工程も自社工場で職人が行っています。
今回は「シュガシュガルーン」の作中に登場するルームウェアからお出かけ着までの計12点を、伝統名京友禅の生地を用いて制作。キュートでヨーロピアンな「シュガシュガルーン」の世界がPagongとの出会いでどう変わるのか。京都ならではの粋な試みをお楽しみください。
http://www.pagong.jp/

Romance(ロマンス)


京都寺町にあるハイブランドの靴・服やオリジナルデザインの洋服・アクセサリーの制作販売を行うセレクトショップ。
ウェディングドレスや舞台衣装のオーダーメイドも手がけています。
今回はエレガントとポップが絶妙に入り混じる「シュガシュガルーン」の世界観を「Romance」なりに解釈した計16点の作品を制作。「乙女」をキーワードに掲げる「Romance」がどのような世界を作るのか、注目です。
http://blog.goo.ne.jp/romance0752315405

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗