1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. クヴィエタ・パツォウスカーとチェコの絵本展

クヴィエタ・パツォウスカーとチェコの絵本展

2013/12/06 ~ 2013/12/27


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

チェコの女性アーティスト、クヴィエタ・パツォウスカー(1928年~)は「色彩の魔術師」と称される鮮やかな色彩感覚と、自由な造形で見るものを魅了します。“クリスマスの色”でもある赤と緑を効果的に用いながら、ページを切り抜いたり、異なる紙を貼ったりつなげたりと、絵本の概念を超えた作品づくりを続けています。

この展覧会では、85歳となった今もなお創作を続けるパツォウスカーが絵本のために制作した『すずの兵隊』(1985年)から『日々の色』(2010年)まで、9冊の絵本の原画や紙の彫刻を中心に紹介します。
「絵本は子どもにとっての最初の美術館」と語り、工夫をこらしながら絵本の可能性を広げているパツォウスカー。言葉を超えて、音楽のように心に届く作品の数々をお楽しみください。

また、国際的に活躍するパツォウスカーを輩出したチェコの絵本は、近年、アニメーションとともに日本でも幅広い人気を集めており、翻訳絵本などを通して親しまれているチェコの作家は少なくありません。
展覧会では、パツォウスカーを育んだチェコ絵本の世界を、チャペック兄弟やヨゼフ・ラダ、イジー・トゥルンカらチェコの絵本作家による作品とともに辿ります。

さらに、「チェコ絵本と日本」という視点から、日本人作家ながらプラハを拠点に制作を続けている出久根育の作品をご紹介するほか、国内で出版されたチェコの絵本を一堂に展示し、「チェコ絵本」の人気の秘密に迫ります。


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

日時:2013年12月6日(金)14:00~、7日(土)11:00~/14:00~(各回約30分)
会場:美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
講師:松方路子氏(安曇野ちひろ美術館 学芸員)

※マイクを使用し、会場内を移動しながら作品解説を行います。
※参加無料、事前申込は不要です(ただし美術館の入館券は必要です)
※混雑した場合は入館制限を行う場合がございます。
※やむを得ず、イベント内容が変更・中止となる場合がございます。予めご了承ください。

クヴィエタ・パツォウスカー プロフィール

旧チェコスロバキア共和国(現・チェコ共和国)プラハに生まれる。父はオペラ歌手、母は外国語教師。本と絵と音楽に囲まれて子ども時代を過ごすが、ナチスの台頭により13歳から4年間は学校に通えなかった。戦後は、プラハ美術工芸学校で学ぶ。鋭敏な色感と自由な発想で、絵本のほか、グラフィックや立体作品の制作も多い。プラハ在住。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗