1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都芸術センター
  5. KAC アーティスト・イン・レジデンス・プログラム 2014展覧会 シアラ・スカンラン&マシュー・ネヴィン『IMITATOR』

KAC アーティスト・イン・レジデンス・プログラム 2014展覧会 シアラ・スカンラン&マシュー・ネヴィン『IMITATOR』

2014/08/02 ~ 2014/08/10


【京都芸術センター】

京都芸術センター

京都芸術センターのアーティスト・イン・レジデンス・プログラムにより、アイルランドから来日している2名のキュレーター・アーティストによる ビデオ・インスタレーション作品による展覧会です。

今回のレジデント・アーティストは、アイルランドの首都・ダブリンで芸術家団体「MART」を組織しているシアラ・スカンランとマシュー・ネヴィンの2人です。
シアラとマシューは、映像作家のトリッシュ・マクアダムス、 美術作家のアンドリュー・カーソン、そしてアイルランドの人気ミュージシャンであるローシーン・Oらともに、それぞれの考えに基づき資質を生かしながら「イミテーション」というテーマで映像作品を制作しました。

「イミテーションは追従の最も誠実なかたちである。」(英国の作家チャールズ・カレブ・コルトン[1780 年-1832 年]の格言より)
「私たちはたいがいイミテーターの国民であり、西欧の日本人のような国民なのかもしれない。」 (初代アイルランド大統領ダグラス・ハイド[1892年]の言葉)

カメラで自分を撮影する「自撮り」。 ささやかな名声を手にすること。 自分の欲望を満たすことに執着すること。 ソーシャルメディアでの自己アピール。
現代におけるナルシシズムのかたちは、 生活様式に応じて日々変化し続けています。

今回行われるパフォーマティブ(行為遂行的)なインスタレーションでは、 ソーシャルメディアやテレビ、ラジオ、youtubeなどを通じて人々のあいだに伝染し、「有名」になっていく装置を創りだします。そして、観客も映像で上演される一連の奇妙な行為を「イミテート」し、 さらには世界中に広まって芸術的なパフォーマンス運動となっていく過程を検証していきます。
 

MARTとは

2006年にアイルランド・ダブリンにてマシュー・ネヴィンとシアラ・スカンランによって結成された非営利団体。知的好奇心を掻き立て教育的な効果を持つ美術の力によって、
アート間のジャンルを越境しようとする理念に基づき設立された。
鑑賞と制作の両方において、社会のあらゆる分野の人々と積極的に関係し合いながら、コンテンポラリーアートを文化の最前線へと押し上げることを目的としており、特にニューメディア、インスタレーション、彫刻、実験映像、パフォーマンスアートを手掛けるアーティストのプラットフォームとして機能することを目指している。
現在は元消防署の建物を3つの棟と2つのギャラリーへと改装し、40名以上のアーティストにスタジオを提供しているほか、クリエイティブフードやデザイングッズのショップも運営している。

■ シアラ・スカンラン(Ciara Scanlan)
MARTの共同ディレクターであり、MARTのあらゆる活動に関与する。また、ダブリンを拠点に活動するアーティストでありキュレーター。
2005年にCIT Crawford College of Art & Designを第一級の成績で卒業、National College ofArt and Design(Dublin)にて修士号取得(MFA Art in the Digital World)。
作品制作においては、メディアに内在する、社会を統合/分断する力をテーマとし、おもに映像、パフォーマンス、ウェブによる介入手段を用いる。
また、アイルランドとイギリスにおけるニューメディア・アートとライブ・アートの発展に寄与する領域横断的団体MARTイニチアチブの創設メンバー(2007年)の一人でもある。

■ マシュー・ネヴィン(Matthew Nevin)
MARTの共同ディレクターであり、企画を実行に移す役割を担う。
Ballyfermot College of Further Education にてPresentation and Performance Skills for the Mediaコースを修了後、Film & Television and Scenography (Design) Studies を卒業。National College of Art and DesignのMasters of Contemporary Artを修了。
MARTのディレクターとして活躍しているだけでなく、自身の作品の発表や、アイルランド内外の展覧会のキュレーションも行っている。
また、アートディレクター/デザイナーとして、イギリス、アイルランド、アメリカの映画・テレビ・舞台芸術におけるアート部門でも活躍している。
 


CHECK POINT

【関連イベント】トーク・イベント「IMITATORS」

様々な人に扮したセルフポートレートを撮り続けているアーティスト澤田知子さんと、「イミテート」することを通じて固有性やオリジナリティを浮かび上がらせようとする作品を制作する高橋耕平さんをゲストに招き、各自の作品についてのお話を交えながら、シアラ&マシューと対談します。

日時:2014年8月9日(土)18:00~19:30
会場:京都芸術センター 和室「明倫」
料金:無料

■ 澤田知子
1977年神戸市生まれ。成安造形大学写真クラス研究生修了。現在は成安造形大学客員教授・関西学院大学の非常勤講師。
学生の頃よりセルフポートレイトの手法を使い作品を通して内面と外見の関係性をテーマに作品を展開している。
デビュー作「ID400」にて2000年度キヤノン写真新世紀特別賞、2004年に木村伊兵衛写真賞、NY国際写真センターThe Twentieth Annual ICP Infinity Award for Young Photographerなど受賞。
ニューヨーク、ロサンゼルス、パリ、ウィーンなど世界各地で展覧会を開催するほか、2014年度はフランスとカナダで国際写真フェスティバルに出品しているなど、積極的に活動している。兵庫県立美術館・京都国立近代美術館にも収蔵作品有り。今秋には6冊目となる写真集をパリで出版予定。写真集のほか、絵本なども手がけている。

■ 高橋耕平
1977年京都府生まれ。映像や写真、インタビューやルポによるドキュメントの方法を使い、個人と個人、個人と共同体、 個人史と歴史の相互作用に関心を寄せ制作を行う。
主な展覧会に、「作家ドラフト2014 高橋耕平『史と詩と私と』展」(京都芸術センター ギャラリー南、2014)、高橋耕平 個展「HARADA-san」(Gallery PARC/京都、2013)、「かげうつし - 写映|遷移|伝染」(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA/京都、2012)、「加納俊輔・高橋耕平展『パズルと反芻』"Puzzle & Rumination"」(island MEDIUM、NADiff window gallery、実家|JIKKA/東京 2012)などがある。
他にアートプロジェクトとして「予言と矛盾のアクロバット」に参加(2013~)。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗