1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 住友コレクション 泉屋博古館
  5. 特別展「フルーツ&ベジタブルズ-東アジア蔬果図の系譜-」

特別展「フルーツ&ベジタブルズ-東アジア蔬果図の系譜-」

2018/11/03 ~ 2018/12/09


【住友コレクション 泉屋博古館】

住友コレクション 泉屋博古館

みずみずしく新鮮な野菜、香りたかく豊潤な果物 ―日々の暮らしに活力と潤いを与える蔬果(そか)は、日本でも長く描かれてきたモチーフです。蔬果を描いた絵は蔬果図と呼ばれ、そこには人々が蔬果に様々な思いを重ねてきたことが浮かび上がります。

蔬果図の歴史は中国宋代にさかのぼります。果実は旺盛な生命力が子孫繁栄などの象徴とされ、吉祥画として好んで描かれるようになりました。また、蔬菜は泥にまみれつつも清淡な姿と味わいから、俗に交わらない高潔の象徴とされ、清貧の高士のイメージも仮託されるようにもなりました。これらのイメージは中国から朝鮮を経て中世の日本に禅宗とともに伝わり、主に禅宗寺院の画家たちによって盛んに描かれました。近世に入ると、植物や自然を薬用観点から研究する本草学の流行に伴い、蔬果の変化に富む姿形や性質にも関心が向けられるようになり、蔬果図もより写実的でバラエティ豊かなものになっていきました。

そして江戸後期、京都を代表する二人の画家が相次ぎ蔬果絵巻を制作します。錦小路の青物問屋主人だった伊藤若冲(1716-1800)の《菜蟲譜》と、俳諧や美食家でも知られる呉春(1752-1811)の《蔬菜図巻》です。奇怪な存在感の若冲、穏和でみずみずしい呉春、表現は対照的ながら、古来の蔬果図の影響に、本草学や漢詩文・俳諧の新潮流をもうかがわせます。長大な画面に野菜や果物が躍動する様は、まさに蔬果図の集大成ともいえるでしょう。

その後近代にいたると、西洋絵画の静物画に影響された作品も多く描かれ、従来の蔬果のイメージとも融合した作例が日本画・洋画双方から生まれました。

今回の展覧会は「描かれた野菜・果物」をテーマに、泉屋博古館所蔵の作品に国内の名品を加え、日本をはじめとする東アジア絵画の一面に光をあてるものです。多彩な蔬果図からは、小さな生命への賛歌が聞こえてくるようです。身近な素材からのぞきみる小宇宙をお楽しみください。

※会期中、一部展示替される作品がございます。
 

【特別展示】蔬果を愛でる―文人の書斎から

中国の文人は目を楽しませ気を養うものとして、蔬果を身近に置きました。その流れをくむ文人茶の実践者・佃一輝氏による果物・野菜のしつらえが、展覧会会期中館内各所に出現します。ぜひご高覧下さい。


CHECK POINT

【関連イベント】スペシャルトーク

煎茶席などでの盛物(野菜や果物の飾り)の制作や、中国文物を愛玩する暮らしを踏まえ、展示作品を語らいながら「人が蔬果を愛でる意味」を考えます。
日時:2018年11月10日(土)14:30~16:00
講師:佃一輝氏(一茶庵宗家)/お相手:実方葉子(泉屋博古館学芸課長)
会場:泉屋博古館講堂
定員:100名(事前予約不要/当日先着順受付)
料金:無料(ただし入館料は別途必要です)
※当日受付にて整理券を配布いたします(定員に達し次第終了)

【関連イベント】体験型講座「伊藤若冲《菜蟲譜》をひらく-お話と複製鑑賞体験-」

伊藤若冲最晩年の大作である、全幅10m超の巻物《菜蟲譜》。これを知り尽くした学芸員が、複製を用いめくるめく絵巻の世界へ誘います。

日時:2018年11月17日(土)13:30~15:00
講師:末武さとみ氏(佐野市立吉澤記念美術館学芸員)
会場:泉屋博古館講堂
定員:50名(要予約)
料金:無料(ただし入館料は別途必要です)
※お申し込みはお電話にて施設までお問合せください。

【関連イベント】講座「「呉春から読み解く蔬果図の世界」

日時:2018年11月24日(土)13:30~15:00
講師:実方葉子(泉屋博古館学芸課長)
会場:泉屋博古館講堂
定員:100名(事前予約不要/当日先着順受付)
料金:無料(ただし入館料は別途必要です)
※当日受付にて整理券を配布いたします(定員に達し次第終了)

【関連イベント】列品解説

日時:①2018年11月3日(土・祝)、②11月23日(金・祝)③12月1日(土)各日14:00~
講師:①②「フルーツ&ベジタブルズ」実方葉子(泉屋博古館学芸課長)、③「中国青銅器の世界」山本尭(泉屋博古館学芸員)
会場:各展示室
※青銅器展については、ミュージアムガイドによる解説もございます。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗