1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. ICOM京都大会開催記念「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート展」

ICOM京都大会開催記念「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート展」

2019/09/01 ~ 2019/09/08


ICOM(国際博物館会議)京都大会を記念して開催される、日本と世界のアートにおける両者の接点(コンタクト)をテーマに西洋近代絵画、現代美術、文学、マンガ、映画などジャンルを超えた作品が集結する展覧会です。

日本と世界のアートは接点を持ち、互いに刺激・影響を与え合ってきました。
日本美術を通して新しい表現を見出したポール・セザンヌ、南仏でマティスに師事した猪熊弦一郎、 哲学者・矢内原伊作と深い交流を持ったアルベルト・ジャコメッティ 、 四半世紀以上も日本で個展を開催し続けてきたゲルハルト・リヒターなど、日本と積極的に接触をした外国人アーティストは枚挙に暇がありません。この展覧会では、そのような外国人アーティストによる名作とと、国際的に活躍した日本人アーティストの作品をあわせて展示。両者がどのように融和したかを展観します。芸術だけでなくマンガや文学、映画などジャンルを横断したユニークな展示も見どころです。

また、会場となる清水寺は日本を代表する文化財であり世界文化遺産にも指定されています。日本の寺院は古くから絵師たちを庇護し作品発表の場として機能してきた、謂わばミュージアムの原点ともいえ、会場として相応しい場と言えます。今回は通常非公開となっている「成就院」の小堀遠州作庭の庭園を背景に作品を展示する他、「経堂」ではゲルハルト・リヒターによる立体作品の公開、無料ゾーンとなっている正面の「西門」「馬駐」では現代アーティスト加藤泉によるインスタレーションを展示し、来場者にアートに触れる機会を幅広く提供します。

企画にあたっては、キュレーターとしてのキャリアも持つ小説家・原田マハ氏が総合ディレクターを務め、本人による全作品の解説と小説「20 CONTACTS 消えない星々との短い接触」の一部を掲載したタブロイド紙を無料配布。こちらを片手に作品を鑑賞することができます。

小説を片手に特別な空間で名作と出会える、8日間限定の贅沢な展示をお楽しみください。
 

会場・アクセス

清水寺(敷地内の複数会場にて開催)
【市バス】100、206号系統にて「五条坂」下車、徒歩10分
     207号系統にて「清水道」下車、徒歩10分
【京都バス】(土休日のみ)18号系統にて「五条坂」下車、徒歩10分
【京阪バス】83・85・87・88系統等にて、「清水道」「五条坂」下車、徒歩10分
【京阪電車】「清水五条」駅より 約徒歩25分

 


CHECK POINT

【関連イベント】トークイベント「ONTACT.ALK:アート経由・日本と世界のつなぎ方」

会期中は清水寺・大講堂にて本展総合ディレクターの原田マハが、竹中直人(俳優)、山田洋次(映画監督)、桂南光(噺家)、御立尚資(ボストン コンサルティング グループ シニア・アドバイザー)など多彩なゲストを迎えるトークイベントを開催。展示と併せてお楽しみください。

会場:清水寺 大講堂
料金:各回3,500円/展覧会とのセットチケット5,000円
※前売券は公式サイト内の専用サイト、またはチケットぴあにて販売

CONTACT ARTISTS
もしも私がゴッホに会いにいくなら 芝居と小説・アートを探して


日時:2019年9月2日(月)16:00~(15:30開場)
出演:竹中直人(俳優)、原田マハ(小説家/本展総合ディレクター)

CONTACT STARS
星々との交信 日本と世界の映画をつなぐもの


日時:2019年9月4日(水)16:00~(15:30開場)
出演:山田洋次(映画監督)、原田マハ(小説家/本展総合ディレクター)

CONTACT SMILES
そらもうアートが大好きでんねん! 南光・マハの夢中でアート談義


日時:2019年9月6日(金)14:30~(14:00開場)
出演:桂南光(噺家)、原田マハ(小説家/本展総合ディレクター)

CONTACT BIZ.
アートビズの時代 ビジネスリーダーは美術館にいる


日時:2019年9月7日(土)14:00~(13:30開場)
出演:御立尚資(ボストン コンサルティング グループ(BCG)前日本代表、シニア・パートナー
&マネージング・ ディレクター 公益財団法人大原美術館理事)、原田マハ(小説家/本展総合ディレクター)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗