1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)
  5. ARTIST@HORIKAWA 成果発表展 黒崎香織 個展「誠実に絵画」/田中秀和個展「TIMEPECTIVE」

ARTIST@HORIKAWA 成果発表展 黒崎香織 個展「誠実に絵画」/田中秀和個展「TIMEPECTIVE」

2015/02/11 ~ 2015/02/22


【京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)】

京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)

【作品画像】(上)田中秀和/(下)黒崎香織

京都市立芸術大学キャリアアップセンターと京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAの共催プログラム『ARTISTS @HORIKAWA』(2014年8/1~10/25)。この企画の第1回招聘画家である田中秀和(1979)と黒崎香織(1987)による成果発表として、両者の個展を同時開催します。

絵画表現のスタイルは異なりますが、制作のプロセス・方法論に強いこだわりをもっており、独自の表現を築いてきたところに共通項を見出すことができます。
そんな2人が約3ヶ月間制作スタジオを共有し、制作に挑んだ成果がここにあります。アーティスト同士の交流や制作過程の公開といった試みを経て、新たな展開をみせた二人の作品を、どうぞご覧ください。
 

黒崎香織


1987年京都府生まれ。2012年京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了。
コンピュータで作成する3D空間(仮想空間)に、単純化された「光」と「奥行き」という絵画要素を見出し、それらを利用することでモチーフの「本質」を描 くことができるという仮説に基づき、制作を行っている。自ら作り出した3Dイメージと、選ばれた写真の画面構成により、理想とする絵画空間の構築を目指し ている。
展覧会出展経験は少ないものの、今後の活躍が期待される若手作家の一人。

田中秀和


1979年兵庫県生まれ。2000年京都芸術短期大学ビジュアルデザインコース卒業。2001年Chelsea college of art and design(イギリス)留学。
抽 象絵画表現として、即興的でリズミカルな視覚的同姓を特徴とする画面構成を追及する。田中の絵画制作は、作品を成立させる重要な要素として「音楽的な時 間」を設定し、一度描いた絵から線や形などを産婦rんぐ、新作や元の画面にプレイバック、さらにそれらをフィードバック、ループさせ、絵とその空間に「重 奏」的な時間を構築する試みといえる。無意識を意識的に構成し、偶然を必然の要素として繰り返すことで、独自の抽象言語を獲得している。

 


CHECK POINT

【関連イベント】合同オープニングレセプション

同時期開催の 森下明音×佐々岡由梨子展「わたしのカラダわたしのemo」との合同レセプションです。

日時:2015年2月14日(土)16:00~

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗