1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 何必館・京都現代美術館
  5. 没後55年 和の美を問う 北大路魯山人 展

没後55年 和の美を問う 北大路魯山人 展

2014/03/25 ~ 2014/06/29


【何必館・京都現代美術館】

何必館・京都現代美術館

京都・上賀茂神社の社家に生まれ、書家・篆刻家として出発した北大路魯山人。彼は陶芸をはじめ、書や絵画、漆芸、篆刻、金工などさまざまな分野で個性溢れる作品を数多く生み出しました。
また、魯山人は美食の追及からその実践の場として、「美食倶楽部」「星岡茶寮」を創設。当時第一級の政治家や財界人、文化人らが集うサロンとして、その名は全国に広まりました。
鎌倉の「星岡窯」で魯山人自身が使うために生み出された器の美しさは、日本だけでなく海外でも高く評価されています。
昭和29年にはニューヨーク近代美術館(MoMA)で開催された「魯山人展」をはじめ、国内外で魯山人の展覧会は数多く開催され、彼の作り上げた美学は没後半世紀を経た今も、人々を魅了し続けています。

今年2014年は、魯山人の没後55年の節目の年にあたります。
今回の展覧会では、何必館コレクションの魯山人作品から厳選された約120点を、取り合わせにも工夫を凝らし、「陶」「書」「刻」「茶」「花」「食」「季」の7つのテーマでご紹介します。
魯山人の作品は、「使う」ことで一層の輝きを放ちます。生涯をかけて日本の美と食を追及した北大路魯山人の「和の美を問う」、これまでにない充実した展覧会となります。この機会にぜひご覧ください。


CHECK POINT

北大路魯山人 略歴

1883年、京都・上賀茂神社の社家、北大路家に生まれる。本名は房次郎。1899年より当時流行していた西洋看板描きで収入を得ながら、書の研究に打ち込み、1904年に書家を志して上京。翌年より岡本可亭に師事し、住み込みの内弟子となる。1908年には中国を旅行し、書道や篆刻を学んだ。帰国後は竹内栖鳳や土田麦僊といった画壇の巨匠たちとも親しく交流し、その名を高めた。
同時に器や美食に関する見識も深め、1921年にはその実践の場として「美食倶楽部」、1925年に「星岡茶寮」を開く。1926年には自ら用いるための器を作ろうと、北鎌倉在山崎に土地を借り、その一角に「星岡窯」を築窯し、本格的な作陶活動を始める。その作品は国内外で高い評価を受け、1954年にはニューヨーク近代美術館にて「北大路魯山人展」を開催。翌1955年には重要無形文化財指定の打診を受ける。しかしこれを魯山人は固辞し、1959年に肝硬変にて死去した。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗