1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 没後400年 特別展覧会 「長谷川等伯」

没後400年 特別展覧会 「長谷川等伯」

2010/04/10 ~ 2010/05/09


【京都国立博物館】

京都国立博物館

     国宝 楓図壁貼付(京都・智積院)《全期間展示》


豊臣秀吉・千利休を魅了し、狩野永徳を恐れさせた天才絵師。その名は長谷川等伯!

長谷川等伯(1539-1610)は、桃山時代に活躍した絵師。能登・七尾(現在の石川県)に生まれ、はじめ「信春(のぶはる)」の名で主に仏画を手がけていましたが、30代で一念発起。40歳前後が平均寿命という時代に決して若くない年齢で、新たな活躍の場を求めて京都に移住します。

その後等伯は仏画は勿論、肖像画、水墨画、金碧障壁画など、実に様々なジャンルの作品を手がけます。
時に精緻に、時に豪放に、どんな画題でも描き分けたその非凡な才能は、彼の信仰した法華宗の僧侶は勿論、千利休をはじめとした茶人たち、大徳寺などの名刹、ついには天下人・豊臣秀吉までも魅了しました。
そして同時に、当時画壇の頂点に君臨していた狩野派、その長である狩野永徳をも脅かす、最大のライバル的存在にまで上り詰めるのです。
一介の地方絵師から時代の牽引者となった等伯。そして、その先に彼が見たものは...

まさにジャパニーズ・ドリームともいえる人生を生きた長谷川等伯。
その没後400年の節目にあたる2010年に開催されるこの展覧会では、国宝3件・重文30件を含む等伯の代表作が公開されます。
秀吉の命で描かれた絢爛豪華な『楓図壁貼付』から、静謐な世界が広がる水墨画の最高峰『松林図屏風』まで、等伯の変幻自在の画業をほぼ網羅する、至上最大規模の大回顧展。
たった27日間だけの超短期開催です。絵筆で天下取りを夢見た一人の絵師の生き様を、是非京都でご覧下さい。

※会期中、一部展示替がございます(前期:4/10-4/25/後期:4/27-5/9)

特別展「長谷川等伯」の特集コーナーはこちら!




     国宝 松林図屏風《右隻》(東京国立博物館)《全期間展示》
CHECK POINT

『松林図屏風』『楓図』をはじめ、国宝・重文などの名品が豪華共演。



重文 枯木猿猴図(左幅)
(京都・龍泉庵/後期展示)

この展覧会では、国宝の中でも人気ナンバーワンとも言われる水墨画の極致・『松林図屏風』(東京国立博物館)、京都・智積院に所蔵される絢爛豪華な『楓図壁貼付』という等伯の代名詞・かつその作風の両極を示す国宝が揃って展示されます。
他にも可愛らしい猿が有名な『枯木猿猴図』(京都・龍泉庵/後期展示)や、縦10m×横6mもある巨大な『仏涅槃図』(京都・本法寺)、等伯縁の人物でもある『千利休像』(京都・表千家不審菴)など…本やテレビなど、どこかで目にしたことのあるような長谷川等伯の代表作が集合しました。
また、東京では展示されなかった、『弁慶昌俊相騎図絵馬』(京都・北野天満宮)も京都展限定で出品されます。

京都を活動の拠点とし、京都に数多くの作品を残している長谷川等伯。まさに縁の地である京都で行われる大回顧展は、他にはない特別な意味があるはずです。
桃山時代を駆け抜けた、波乱万丈の天才絵師の生き様を、是非この機会に目に焼き付けて下さい!

より詳しい解説・エピソードも掲載。特別展「長谷川等伯」の特集コーナーはこちら!

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗