1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 茶道資料館
  5. 特別展 少庵 四百年忌記念「千 少庵」

特別展 少庵 四百年忌記念「千 少庵」

2013/09/03 ~ 2013/10/06


【茶道資料館】

茶道資料館

天正19年(1591年)2月28日、千利休が豊臣秀吉に命じられ自刃。利休の亡き後、千家は存続の危機を迎えました。

利休には2人の息子のうち、道安は飛騨や阿波に身を潜め、少庵(しょうあん)は、会津若松を治める蒲生氏郷(がもう うじさと)の元へ預けられることになります。

氏郷は「利休七哲」と呼ばれる利休の優れた弟子の一人でした。利休の茶法に通じる氏郷は、鶴ヶ城内に茶室を用意するなどして会津での少庵の活動を後押しします。一方で、徳川家康と共に秀吉へのとりなしに尽力しました。
そして利休の死から3年後、家康と氏郷の連名で、少庵に会津から京都へ急ぎ上洛するようにという「少庵召出状」が書き送られます。

京都に戻った少庵は、その後は権力とは一定の距離を保って、一人のわび茶人の立場に徹し、利休の茶の湯を忠実に継承していきました。それは彼の息子である宗旦(そうたん)へと受け継がれ、現在に続く千家茶道の礎となりました。

今回の展覧会は、少庵の四百年忌を記念するとともに、現在まで伝わる少庵ゆかりの茶道具の数々を展示します。少庵が茶の湯の精神を利休から継承し、その子である宗旦(そうたん)へと伝えていく様相について考えてみたいと想います。


CHECK POINT

【関連イベント】講演会

会場:裏千家センター1階講堂(茶道資料館と同じ建物です)
料金:無料(入館料のみ)
定員:各日100名(先着申込制)
※申し込みは資料館まで直接お電話ください。

少庵の茶道具


日時:2013年9月7日(土)13:30~15:00
講師:降矢哲男(茶道資料館学芸員)

少庵の生涯


日時:2013年10月5日(土)13:30~15:00
講師:筒井紘一(茶道資料館副館長)

【茶道資料館コンサート】津田 佐代子 フルートコンサート

展覧会にあわせ、美術館にて津田佐代子さんによるフルートを中心としたコンサートが開催されます。
当日は展覧会の開館時間も18:20まで延長。コンサート終演後も30分開館されますので、展覧会とコンサートを併せてお楽しみ下さい。

日時:2013年9月20日(金)開演18:30(開場18:00)
会場:裏千家センター1階講堂(茶道資料館と同じ建物です)
定員:100名(先着)
料金:無料(入館料のみで参加できます)
※事前申し込み制です。一週間前までに施設までお電話またはFAXにてお申し込みください。

初めての方のための茶道体験

展覧会会期中には、初心者を対象とした茶道体験コーナーが設けられます。
わかりやすい指導の下、挨拶の仕方やお菓子の食べ方、お茶の点て方、飲み方を体験できます。
お点前はいすに座って行う立礼(りゅうれい)の形式なので、正座が苦手な方でも安心です。
展覧会の鑑賞と茶道体験を通じ、日本の文化を体感してください。
日時:展覧会会期中の10:00、11:00.13:00、14:00、15:00(各1時間)
定員:各12名
参加費:無料(入館料のみで参加できます)
※ 一週間前までに施設までお電話でお申し込みください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗