1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都高島屋 7階グランドホール
  5. 美術作家による震災遺児支援「3.11きずな展 チャリティーオークション」

美術作家による震災遺児支援「3.11きずな展 チャリティーオークション」

2012/05/17 ~ 2012/05/21


【京都高島屋 7階グランドホール】

京都高島屋 7階グランドホール



2011年3月11日の東日本大震災は、未曾有の事故被害をもたらし、私たち日本人の心に大きな傷を与えました。
そしてそれは、感受性豊かな美術作家たちの心を突き動かしました。美術作家の有志たちが自発的に被災地復興のために何かできないかと考え、企画されたのがこの震災遺児支援チャリティー展です。

美術作家有志が行うチャリティーオークションとしては、1995年に阪神大震災を受けて企画された「美術作家による阪神大震災復興支援"100人展"」以来のこととなります。今回は総勢123名の作家が賛同し、それぞれが1作品ずつ、基本的にこのチャリティーのための新作を制作・出品しました。
絵画(日本画・洋画)を中心に、版画、彫刻、工芸(ガラス造形・陶芸・漆芸など)と、幅広いジャンルから作品が集まり、作家はどれも現在第一線で活躍している著名作家ばかりです。

このオークションでの売上金は全額、震災遺児となった子供たちの支援として「あしなが育英会」に寄付されます。すべての作品を売り切り、その思いをすべて、被災地に贈り届けることを目的としています。
ぜひ多くの方のご来場・ご参加をお待ちしております。

なお、会期中には、東日本大震災の津波で流されながらも、地元のピアノ調律師の懸命な修復でよみがえった「奇跡のピアノ」によるコンサートが開催されます。

※この展覧会は、東京展(日本橋高島屋)、東北展(川徳(盛岡))からの巡回を経て開催されます。オークションは、会期中に行われ、すべての巡回が終了後、最高額を入札された方の落札となります。
※作品サイズは、平面・立体ともに一辺約30cm以内に統一されています。
※落札価格は最低5万円からとなります。
※参加作家については、公式サイトをご確認ください。

参加作家のコメントなど、記者会見の様子はこちら!
http://www.kyotodeasobo.com/art/staffblog/2012/05/11113736/

CHECK POINT

【関連イベント】「奇跡のピアノ」コンサート

東日本大震災の津波で流され、修理は不可能とされながらも、地元のピアノ調律師の手で修復された「奇跡のピアノ」。これを使用したコンサートが会期中開催されます。
福島県いわき市の豊間中学校で使用されていたこのピアノは、当日卒業式が行われた後、津波によって流されました。発見された際には、鍵盤は剥がれ落ち、全体が海水による塩で真っ白く変色した無残な姿となっていました。それを知った地元のピアノ調律師・遠藤洋さんは、修理は不可能とされたそのピアノを、自らの手で懸命に修復作業を行い、見事に蘇らせました。

会期中には、京都ゆかりのピアニストによるこのピアノの演奏のほか、ピアノ・バイオリンの二重奏などをお聴きいただきます。(ステージにより楽器編成は異なります)

また、17日(木)の14:00~/16:00~のステージでは、シンガーソングライター普天間かおりさんの歌声をピアノ伴奏とともにお届けします。
普天間さんは震災当日、ラジオ福島の番組に出演中でした。すべての交通が停止、宿泊場所もない中、福島の人々の暖かい支援に助けられ、三日後にようやく帰京することができたそうです。以来、被災地復興のためにと様々な活動を行っていらっしゃいます。

【日時】※各回30分予定
5月17日(木) 11:00~/14:00~/16:00~ ※普天間かおりさんのステージは2回目・3回目
5月18日(金) 11:00~/14:00~
5月19日(土) 11:00~/14:00~
5月20日(日) 11:00~/14:00~
5月21日(月) 11:00~/14:00~

【会場】グランドホール内ステージ

【特別協力】遠藤洋(福島県いわき市在住 ピアノ調律師)

※入場は無料です。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗