1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
  5. コレクションで辿る 20世紀日本の絵画

コレクションで辿る 20世紀日本の絵画

2012/05/21 ~ 2012/07/06


【京都工芸繊維大学美術工芸資料館】

京都工芸繊維大学美術工芸資料館


京都工芸繊維大学美術工芸資料館の収蔵品は、近現代ポスターや建築図面が中心です。
しかし一方で近代美術を彩る絵画作品も700点近く所蔵しています。
絵画コレクションの核となっているものは二つあります。
一つは、浅井忠や霜鳥之彦など、京都高等工芸学校の教員が残した20世紀初頭の洋画の数々です。
東宮御所の緞帳(どんちょう)製作のための原画となった浅井忠の「武士山狩図」(1905年)や当時の京都の様子を描いた風景画などが並びます。




もう一つは、1950年代から60年代の日本の前衛美術作品群です。
これは、京都高等工芸学校色染科の卒業生で、大橋化学工業株式会社社長であった、故・大橋嘉一氏が収集された現代美術コレクションです。1978年に500点強の作品が美術工芸資料館に寄贈されました。



戦後日本の人間像を描く小山田二郎や桂ゆき、線がリズムを刻む難波田龍起、
「人のマネをするな」をモットーに実験的な作品を制作した具体美術協会の白髪一雄や元永定正、そして1960年代に海外へと活動の場を移す工藤哲巳や、草間彌生の初期小品などなど。
それらは、戦後復興と並行して欧米の最新美術動向を吸収しながら、新しい日本の美術を作り出そうと、
熱い思いを絵具の迸りに賭けた時代を象徴しています。


この展覧会では、このような所蔵絵画作品から100点あまりを選りすぐり、
「洋画」が「現代絵画」になるまでの20世紀日本の絵画を辿ります。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗